pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

中国

日中高級事務レベル海洋協議、第9回会議、仙台市で開催| 中国共産党・国務院の機構改革の後、はじめて

【第9回日中高級事務レベル海洋協議(結果)】第9回日中高級事務レベル海洋協議が,19日及び20日,仙台市で開催されました。双方は,全体会議のほか,海洋政策及び海洋法,海上防衛,海上法執行及び海上安全,海洋経済の4つのワーキンググループに分かれて会…

中国の4500m級AUV "カクレクマノミ" 「潜竜三号」、はじめての潜水 ♪

(新华视点,微博より) 4月15日、中国の総合海洋科学調査船「大洋一号」が、西太平洋での、今年の第2次海洋試験(综合海试B航段任务)に福建省アモイ市の港を出発した。4500m級の自律型無人潜水機(AUV)の三号機、「潜竜三号」の最初の潜水試験を行う。 そ…

中国 国家海洋局の門標、自然資源部の本部ビルに掲げられる。

(微博より) 4月12日、中国の自然資源部の本部ビルに、「自然資源部」の門標と一緒に「国家海洋局」の門表が掲げられた。 2018年3月の、中国共産党と国務院による「深化党和国家机构改革方案(中国共産党と国務院の深化、改革法案)」(以下、"改革法案")…

南鳥島の沖の海底のレアアース、世界需要の数百年分。|中国ネット「南鳥島は古来より中国の領土」 w

南鳥島のレアアース、世界需要の数百年分 https://t.co/8BMl9oIeVF — 日本経済新聞 電子版 (@nikkei) 2018年4月10日 南鳥島の周辺の海底下にあるレアアース泥(REY-rich mud)の資源量が、世界の消費量の数百年分に相当する1600万トン超に達することが分かっ…

11000m級・フルデプスROV「海竜11000」、西太平洋で海洋試験

(via.新华网) 3月20日、中国、青島から、総合海洋科学調査船「大洋一号」が西太平洋での海洋試験のために出港した。今回の海洋試験は、国家海洋局や国家深海基地管理センター(国家深海基地管理中心)、上海交通大学、中国科学院沈陽自動化研究所(沈阳自…

中国、1万m級・フルデプス有人深海潜水艇、耐圧殻の溶接、始まる。

(via. 央视网) 中国で研究開発が進められている、1万メートル級有人深海潜水艇のチタン合金製耐圧殻の溶接が始まった。央視網(CCTV)ほかが伝えた。 1万メートル級有人深海潜水艇(11000m級とも)の耐圧殻は、宝鶏チタン工業(宝鸡钛业股份有限公司)…

【H7N9鳥インフル】 致死率が約40%から5.5%に下落か。

(via.FAO) 中国で、ヒト感染例が発生しているA/H7N9鳥インフルエンザ。2018年3月28日現在の発表によると,2013年2月以降の感染者は1625人、うち、少なくとも622人が死亡した。全期間の平均の致死率は38.3%となる。一時は、H7N9鳥インフルエンザの致死率は39.…

【中国海警局】 国家海洋局の公式サイト、 "指導者"項目が無くなる。尖閣の領海侵入の発表はどこで?

(国家海洋局より(3月23日画像取得)) 中国、新華社通信は3月21日、中国共産党と国務院(政府に相当)の機構改革案を発表した。 全国人民代表会議(全人代)(国会に相当)は3月11日に、中華人民共和国憲法に、中国共産党の指導的役割を明記する修正案を可…

【中国海警局】 3000トン級「海警2304」、尖閣沖ではじめて確認。30mm機関砲を装備

(海上保安庁第11管区海上保安本部(ホウドウキョク)より) 海上保安庁 第11管区海上保安本部によると、3月19日午前6時すぎ、尖閣諸島の魚釣島の接続水域を、中国海警局の船4隻が航行した。 ニュースサイト "ホウドウキョク"によると4隻は「海警2166」「…

【H7N9鳥インフル】 第6波、封じ込められるか? 農業部から防除指導案

(via. CDC Global / Flickr) 中国で、ヒト感染例が発生しているA/H7N9鳥インフルエンザ。2013年2月以降、感染者1625人(うち、少なくとも死亡621人)。致死率38%。昨シーズン(2016-2017年)の第5波では、累計の感染者数が倍増する過去最大の流行となり、今…

中国、江蘇省で、世界はじめてのH7N4鳥インフルエンザ感染者

(via. 東網) 中国、江蘇省で、世界ではじめてH7N4鳥インフルエンザのヒト感染例が確認された。2月14日、香港とマカオの衛生当局が、中国本土の衛生当局からの通報として公表した。(注:H7N9鳥インフルエンザではありません) H7N4鳥インフルエンザの感染…

【H7N9鳥インフル】 中国のH7N9鳥インフルエンザ、どこいった?

Where is H7N9 in 2018? 中国で2012年から感染者が発生しているA/H7N9鳥インフルエンザ。 昨シーズン(2016-2017年)の第5波では、累計の感染者数が倍増する過去最大の流行となり、今シーズン(2017-2018年)の第6波の流行が心配されていた。しかし、 「H…

『中国科学院 ー 世界最大の科学技術機関の全容 優れた点と課題』、読了。

中国科学院―世界最大の科学技術機関の全容 優れた点と課題 作者: 林幸秀 出版社/メーカー: 丸善プラネット 発売日: 2017/10/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 日本の科学・技術が危機に瀕している。 「科学立国」「技術立国」と呼ばれ、世界…

日中高級事務レベル海洋協議、第8回会議、上海で開催 両政府の関係改善を反映か?

日中高級事務レベル海洋協議、第8回会議が、12月5日〜6日に中国の上海市で開催された。 「海空連絡メカニズム」の構築と早期運用に向けて「前向きな進展」があったと双方が発表した。 東シナ海での偶発的な衝突を防ぐ防衛当局間の「海空連絡メカニズム」の…

【H7N9鳥インフル】 今シーズンはじめての感染者

中国、雲南省で、今シーズン(2017年10月から)はじめてのH7N9鳥インフルエンザの感染者が確認された。患者は雲南省の省都、昆明市の64才男性で11月21日に発病した。発症前に死んだ鳥(家禽?)との接触があったようだ。香港の衛生当局ほかが、中国の衛生当…

中国、1万メートル級のフルデプス有人深海潜水艇、耐圧殻の熱間成形に成功

(央视网より) 中国で研究開発が進められている、1万メートル級有人深海潜水艇のチタン合金製耐圧殻の製造の様子が公開された。 1万メートル級有人深海潜水艇(11000m級とも)の耐圧殻は、チタンの都とも呼ばれる陝西省宝鶏市の、宝鶏チタン工業(宝鸡钛…

【H7N9鳥インフル】 高病原性へのウイルスの変異 タミフル等が効きにくく、ヒト感染例は増加傾向か

(via. twitter) 中国で、ヒトへの感染が続いているA/H7N9鳥インフルエンザ。 世界保健機関 (WHO) の10月26日の発表によると、2013年3月に低病原性H7N9鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が確認されてから、ヒト感染患者は1564名(うち、少なくとも612名…

中国の国産4500m級有人深海潜水艇「深海勇士」号、海洋試験を終えて帰港

(中新网より) 中国、国産の4500m級有人深海潜水艇「深海勇士」号と、海洋科学調査母船「探索一号」が10月3日、50数日間のはじめての海洋試験を完了して、海南省の三亜港へ帰港した。今回、国産4500m級有人深海潜水艇が「深海勇士」号と、はじめて大きく報…

日本はレアアースを数百年分も備蓄? -中国メディア 元ネタを調べてみた

(photo by Terence Wright) 2017年に入ってから希少金属の価格が上がっている。それに合わせてレアメタル(レアアースなど)がふたたび注目されている。 そんな中、中国などの海外ニュースサイトのレコード・チャイナの9月27日付けの記事で「日本のレアアー…

中国、7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号 最新鋭の支援母船「深海一号」を建造 

(中国科技网より) 9月16日、中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号の新しい支援母船「深海一号」の建造が、武漢市の中船重工武昌船舶集团有限公司(中船武昌)ではじめられた。 支援母船「深海一号」は「蛟竜」号専用の母船として設計・建造されており、…

北朝鮮の核実験 中国−北朝鮮国境の空間放射線量、大きな変化なし

(赤い+マークが核爆発による揺れの震源地) 中国の環境保護部から、モニタリングポストが測定した空間線量が発表されています(9月4日の午前中までに第3報)。 吉林省の「12番」「13番」「38番」が近い。 環境保護部が公表した第1報(9月3日10時〜16時)…

ジブチで、海上自衛隊の護衛艦の潜水士が、中国の軍艦に接近してたって? 元記事を調べてみた。

Japanese frogmen approached Chinese warship at Djibouti, state media say https://t.co/IBIb3t2tQW pic.twitter.com/V5Z5q9kj4g — SCMP News (@SCMP_News) 2017年8月2日 ジブチに派遣された中国海軍の軍艦に対して、日本の海上自衛隊がダイバー(フロッ…

中国の国産4500m級有人深海潜水艇 海洋試験へ

(央视网より) 中国が開発をすすめている、国産の4500m級有人深海潜水艇が7月31日、江蘇省無錫市の中船重工702研究所から広東省に向けて出発した。母船「探索一号」と合流して、はじめての海洋試験段階へと進む。 国産4500m級有人深海潜水艇は、国家重点研…

中国海警局の船、沈没。

(via. 中新网) 6月29日、中国の南部の海南省で、海洋・漁業科学院が文昌市海洋・漁業科学局と共同で、馮家湾(冯家湾)付近の海域で、中国海警局の退役した船2隻を沈めた。 今回の漁礁造成では、退役した船の船体を漁礁として活用し、3メートル四方の鉄…

日中高級事務レベル海洋協議第7回会議、福岡で開催 あまり進展なし

日中高級事務レベル海洋協議第7回会議が、6月29日〜30日に日本の福岡県福岡市で開催された。第8回会議は今年下半期に中国で開催される予定。 尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる対立は解消せず、東シナ海での偶発的衝突回避に向けた「海空連絡メカニズム」…

中国、極域の海洋科学調査・深海潜水艇母船「Hadal X(深淵極客)」を建造へ | 日本語だと「超深海オタク」号!?

(via.彩虹鱼海洋科技股份有限公司) 中国、上海の、海洋科学調査・研究開発ベンチャーの"彩虹鱼海洋科技股份有限公司(以下、彩虹魚公司)は、北極や南極などの極域での海洋科学調査を行い深海潜水艇の支援母船でもある「Hadal X(深渊极客)」号の建造計画…

中国、7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号、5年間の試験性応用段階が終了 事業化運用へ

(via.齐鲁网) 中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号と科学調査母船「向陽紅09」が、6月23日、青島市近くにある中国国家深海基地へと帰港した。 「蛟竜」号の2017年の試験性応用航海(中国大洋第38航次)は、これまでで最も長い138日間、航行距離18302海…

中国へのトマト伝来はいつ? トマたま炒め(トマトと卵炒め、西紅柿炒蛋)はどのように全国に広まったのか?

(自作) 中国へのトマトの伝来と、トマトと卵炒め(西红柿炒蛋、番茄炒蛋)(以下、"トマたま炒め"とも書きます)について調べていたら、昨年12月に公開されていた良さげな記事と参考文献を見つけたので、ちょっとメモ。 簡単に解説。 ・トマトの中国への伝…

蛟竜号、マリアナ海溝で1年前に放置した採水器を発見・回収 | 1年前の「特別な事情」とは?

(via. 新华网) 中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜号」が、マリアナ海溝近くの海底で、1年前に特別な事情(一年前因特殊情况留在了)から水深6300メートルの深海に残されてしまったガスタイト採水器(*)を発見し、回収に成功した。新華社通信が伝えた。 …

中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号、チャレンジャー海淵(水深10000m以上)に潜水だって?

(via. 新华网) 中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号の母船「向陽紅09」が、マリアナ海溝の海域に到着した。2017年の北西インド洋、南シナ海に続く第三段の潜水調査が始まった。今回、新聞記者としてはじめてマリアナ海溝に、新華社通信の記者が潜った。…