読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。|メモノメモ新館

【動画】フィリピン政府、南シナ海の自由と権利を強調する広報ビデオを公開

国際
東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか (PHP新書)

東アジアの軍事情勢はこれからどうなるのか (PHP新書)

 

フィリピン政府は6月12日、117回目の独立記念日に合わせて、南シナ海の島嶼の領有権をアピールする広報ビデオ『Kalayaan, Karapatan sa Karagatan(自由、海洋の権利)』を公開した。国内の、領有権と海洋権益に対する意識を高めるのが目的だと思われる。

動画は、フィリピン国内メディアと海外メディアの映像を加えて作成したもので、12日夜に、国営PTV-4テレビが放送した。複数のソーシャル・メディアでも公開した。

 

Ads by Google

 


 

Facebookの、フィリピン大統領アカウントの記事。
Kalayaan, Karapatan sa Karagatan - Noynoy Aquino (P-Noy) | Facebook

 

レポーターのTシャツの文字が「西菲律賓海(West Philippini Sea)」だったり、「南シナ海(South China Sea)」と言ったら、漁民が「ここは西フィリピン海West Philippini Sea)だ」と声を強めるあたり、言いたい事が分かりやすい。 

YouTube転載動画(22分)(タガログ語)

Kalayaan, Karapatan sa Karagatan ‪#WestPHSeaAtinTo‬ - YouTube

 

大統領府の発表によると、漁業など海洋での経済活動、歴史と国際法・海洋法に焦点を当てている。 "The First Episode"と書いてあるので、第2弾、第3弾を用意していると思われる。

The Department of Foreign Affairs (DFA), in partnership with the Presidential Communications Operations Office (PCOO), is producing a three-part documentary series on the West Philippine Sea called “KALAYAAN.” Each episode focuses on a different angle of the issue: economic, historical and legal. The first episode is set to air on June 12, coinciding with the celebration of the 117th Anniversary of the Proclamation of Philippine Independence.  

FIRST EPISODE OF “KALAYAAN,” WPS DOCUMENTARY AIRS ON JUNE 12 (Office of the President)

 

ラストシーンでレポーターが叫んでいる「Kalayaan」は「自由」を意味する。

「南シナ海は"自由の海"だ」と、南シナ海をあたかも自国の領海・EEZとみなし、強硬な姿勢で海洋進出を拡大する中国に対抗している。

West Phl Sea documentary gaining ground (6/12|The Philippine Star)

 

南シナ海緊急出撃 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

南シナ海緊急出撃 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: トムクランシー,マーティングリーンバーグ,Tom Clancy,Martin Harry Greenberg,棚橋志行
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 文庫
  • クリック: 21回
  • この商品を含むブログを見る