pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】漁政型3000トン級海警船、試験航海

 20150720124353 

尖閣諸島の日本の領海・接続水域を航行している中国海警局の公船。最新型の3000トン級以上を主力として、2〜3隻での航行が常態化している。

台風が通り過ぎた後の7月17日、再び、「海警2146」「海警2307」「海警2308」が接続水域で確認された。
尖閣周辺に中国船3隻 接続水域、6日以来(7/17|産経ニュース)

 

 東シナ海を管轄する東海分局の3000トン級のうち、「海監型3000㌧級」と呼ばれる4隻、「海警2305」「海警2306」「海警2307」「海警2308」全てが尖閣諸島周辺海域で確認されている。
【中国海警局】3000トン級「海警2308」 東海分局の海監型3000トン級海警船、新型4隻全てが尖閣に - pelicanmemo(2015-06-07)

 

また6月〜7月頃から、機関砲を装備する「漁政型3000㌧級」試験航海の写真が公開され、情報が増えてきた。正式配備も間近なのだろう。

Ads by Google

 


 

20150720124355

ZTHH-极致美图 鸟瞰中国海警2302(飞扬军事)

 

海監型と渔政型の大きな違いは、「海監型3000㌧級」が(いまのところ)機関砲など固定武装を装備しておらず、「漁政型3000㌧級」は重武装しているところ。
中国海警局の正式発足以前から、中国海監総隊(海監)より、漁業局(漁政)の方が攻撃的だ。(公安部の辺防海警はさらに攻撃的。)

 

2012年9月の尖閣諸島国有化の後、尖閣諸島周辺海域で発表・報道された中国公船の中に武装した船はいないようだ(*)(小銃や機関銃など携行兵器は載せている)。今後、「漁政型3000㌧級」が正式配備された後に姿を見せるかどうか、中国の対応に気をつける必要がある。また、中国海監総隊に、海軍から移管した元軍艦(補助艦)が配備されたニュースの後、「尖閣に軍艦がー」「偽装軍艦がー」というような、短絡的な煽りを多々見かけたが、挑発にのってはならない。

(*)尤も、日本の当局は、接続水域に入っていない場合、発表は全くと言っていいほど行わないので、その外側には来ているのかもしれない。

 

見分けるポイントは、まず船の舷号。

東シナ海(東海分局)の場合、番号が「海警2305 〜  2308」で、下2桁が05〜08だったら海監型で非武装。「海警2302 〜 2304」で01〜04だったら漁政型。(北海や南海でも概ね同じだが、「海警2301」や「海警3305」みたいなよく分からないのもある。)

 

 漁政型3000㌧級「海警2302」

20150720124348

(赤丸や赤矢印は管理人による。)

機関砲を装備している。同型船の写真から、30mm速射砲と考えられる。
機関砲の後ろには、中央に高圧放水銃1基、両側にカバーがかかった装備が2基あり、これも機関砲か重機関銃の可能性が高い(写真の赤矢印)。(後述するが、後ろにも2基ある。)

ーー(追記:2016-08-11)ーーーーーーーーーーーー

「海警3303」の写真から、12.7mm自動機銃と判明した。(整備中なのか、銃身は外してあるようだ)

20160811090003

ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーーーーーー

【中国海警局】3000トン級海警船に機関砲装備 南シナ海に配備 - pelicanmemo(2015-05-08)

また、ブリッジの上とマスト下段に、遠隔監視採証装置らしい装備が2つ見える(写真の赤丸)。もしかすると片方はFCSかもしれない(マストの2眼の方)。

 

 

船尾からも見てみよう。

20150720124349

(赤丸や赤矢印は管理人による。)

船尾のハッチ(赤丸)が特徴的だ。漁政型だけに引き網漁をすr 搭載艇を降下揚収するための設備だろう。

漁政型3000㌧級は左右非対称で、左舷に複合艇(RHIB)1艘を装備している(下の写真の赤丸)。ヘリ甲板下には比較的に大型の長距離搭載艇があって、スリップウェイから降下揚収するのではないだろうか(1000トン級海警船(もと海監の海洋監視船)でも似た装備の例がある)。

 

ヘリ格納庫は、海監型3000吨級に比べて少し大きいようだ。上に、カバーがかかった装備が2基。これも機関砲か重機関銃の可能性がある(写真の赤矢印)。

左舷、ヘリ甲板の脇にあるのは、搬入口か何か入り口だろう。

20150720124351 

 

 

水面下のマニアックなところでは、

漁政型3000㌧級にはバルバスバウは無く、バウスラスターは1基だけ。

20150720124350

 

大きさは、海監型の全長98mに対して、漁政型は全長110mで少し長い。乗員50人。

排水量級はどちらも3000㌧級だが、海監型は満載排水量3980㌧のようだ。漁政型の排水量など諸元は、まだよく分からない。続報を待ちたい。

 

ZTHH-极致美图 鸟瞰中国海警2302(飞扬军事)
海警舰试航(飞扬军事)
中国海警1301巡逻船入列 疑似安装自动舰炮(腾讯网) 

【中国海警局】3000トン級「海警1301」に機関砲を装備 ヘリ搭載の漁政型海警船: メモノメモ(2015年1月 4日)

 

漁業という日本の問題

漁業という日本の問題