読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。|メモノメモ新館

【中国海警局】5000トン級「海警2501」 尖閣周辺の海域で初確認

中国 中国海警局

20150802063430

(6月の海上救難訓練の時のもの(新华网上海频道))

今年4月に正式配備された、新型の5000トン級「海警2501」が、尖閣諸島の周辺の海域ではじめて確認された。 

中国海警局の、正式配備された中では最大クラスの海警船だ。

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で1日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船が尖閣周辺で確認されるのは9日連続。

第11管区海上保安本部(那覇)によると3隻は海警2151、2337、2501。
尖閣周辺に中国船3隻 9日連続(8/1|産経ニュース)

 

「海警2501」は、交通運輸部海事局(海巡)の旗艦「海巡01」を原型として設計されたと言われる5000㌧級海警船。全長128m、排水量5500㌧。最高速度22ノット。

ニュース専門局「ホウドウキョク」(*)の番組「能勢伸之の週刊安全保障」(毎週土曜日、2時間番組)、8月1日放映分によると、「海警2501」の尾部にはスリップウェイがあり、斜めに設置された搭載艇があるらしい。

Ads by Google

 


 

前回、漁政型3000トン級海警船の尾部のハッチと、搭載艇の降下揚収装置について、簡単にとりあげてみた。

今回は、海上保安庁が撮影した写真は、残念ながら、報道記事には載っていないため、ハッチや搭載艇の大きさが推測できない。

続報と、中国で撮影されるだろう「海警2501」の写真の公開を待ちたい。

 

冒頭の写真は6月4日〜5日に、国家海洋局東海分局が行った、東シナ海海洋防災減災訓練2015(东海海洋防灾减灾演练2015)の写真を使った。

国家海洋局东海分局组织海上搜救漂移试验与轨迹预报演练(6/7|新华网上海频道)

 

【中国海警局】5000トン級「海警2501」も、機関砲を装備か?: メモノメモ(2015年1月 6日)

  

(*)ホウドウキョク

「ホウドウキョク」は、最新のニュースや動画のオリジナルニュース解説をパソコンやスマートフォン、タブレット端末で、いつでもどこでも視聴することができる、マルチデバイス対応のニュース専門局です。

「ホウドウキョク」は、地上波のニュース番組のリピートではないオリジナルの動画コンテンツにこだわります。
スタジオからの生放送を基本とし、最新ニュースをお伝えするのはもちろんのこと、地上波のニュース枠に入りきらない豊富な取材情報や映像を基に各界のオピニオンリーダーや専門家・旬のゲストを招き報道局員とともに“ニュースの深層”に迫ります。

また、リアルタイムで入ってくるニュースの生中継や緊急会見などに即時に対応するなど、メディアの特性を活かしたコンテンツ制作を目指します。

 (ホウドウキョクのサイトより転載)

 

海上保安レポート〈2015〉特集 離島周辺や遠方海域における海上保安庁の活躍

海上保安レポート〈2015〉特集 離島周辺や遠方海域における海上保安庁の活躍