読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。|メモノメモ新館

【中国海警局】万トン級「海警2901」すでに正式配備? 浙江省の舟山基地に配備か?

中国 中国海警局

20150901190442

中国海警局の、排水量1万トンを超えていると報道された警備船「海警2901」が、すでに正式配備している可能性が出てきた。

浩汉防务が、8月30日付けの微博(中国版ツイッター)の書き込みで明かした。

近日、関係者から聞いたところによると、最初の万トン級の海警法執行船「中国海警2901」は、すでに海警部隊に引き渡され入列した。

@浩汉防务:【浩汉头条】近日,浩汉防务从有关渠道获悉,我万吨级海警执法船首制船“中国海警2901”已经交付入编海警部队。

【浩汉头条】近日,浩汉防务从有关渠道获悉... 来自浩汉防务 - 微博

正式発表はまだない(9月1日19時時点)。

ーー(追記:2016/07/28)ーーーーーーーーーーーーー

正式配備された。

【中国海警局】 1万トン級「海警2901」、5000トン級「海警2502」正式配備 東シナ海を管轄する東海分局へ - pelicanmemo

ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーー

Ads by Google

 


 

中国海警局の新型海警船は、造船会社から引き渡され正式に配備された後、数日から3〜4ヶ月で、尖閣諸島の周辺海域で確認されている。

しかし「海警2901」は、76mm機関砲の装備が確認されている武装船だ。

日本政府による尖閣諸島の島々の国有化の後、中国の公船、中国海監総隊(海监)の海洋監視船や漁業局漁政船隊(渔政)の漁業監視船、さらに中国海警局の海警船で、機関砲などの固定武装をもった公船は確認されていない。

「海警2901」の動向は、周辺国に対する何らかのメッセージの意味も持つようになるだろう。危機感をいたずらに煽ることなく、冷静に動向を注視しなければならない。  

 

現在地を(沿岸なら)調べられるはずなので調べてみた。

「海警2901」登録船舶は、浙江省舟山市の、国家海洋局・東海分局の基地にいた。近くには5000トン級「海警2501」も停泊している。(9月1日04時現在)。

 

GoogleEarthで、東海分局・舟山埠頭(基地)の衛星写真を見てみよう。
さすがにリアルタイムの写真ではないので、「海警2901」はまだ写り込んでいない。

20150901054417

Google マップ

 

5000トン級「海警2501」が写り込んでいた。「海警2501」は今年4月に舟山基地で引き渡され、正式配備されたので、ここ4ヶ月半の間に撮影されたものだ。

20150901054413

これまで公開された「海警2501」の写真では、船体後部の構造がいまひとつ分からなかった。ヘリ甲板の後ろに、かなり広いエスケープゾーン?大型搭載艇?がある。
(追記修正(9/6):スリップウェイ方式で大型搭載艇が載っていることが分かった。)


ブリッジ前に機関砲の砲座のスペースはあるが、砲塔は載っていない。

 

さらに、新型の"海警型"3000トン級の、東海分局に配備された4隻のどれか(「海警2305」「海警2306」「海警2307」「海警2308」)と、もう1隻の船(1000トン級?)が写り込んでいる。
20150901054414

 

埠頭全体を見ると、3000トン級がもう3隻は停泊できそうだ。
岸近くには、中型・小型船艇用の桟橋があり、本部ビルらしき建物も完成している。

この箇所はGoogleEarthの画像が荒かったので、百度地図の衛星写真を参照しよう。

20150901054416

岸に伸びている線は小型艇の係留場所だろうか?GoogleMapの画像の方では、岸壁がかなり近いので、よく分からない。
この埠頭の南の方にも、建設中の埠頭がある。関連の施設である可能性は否定できない。

百度地図の画像は、撮影時期がGoogleEarthよりも古いため、本部ビルと付属の建物が建設中で、本部ビルの前庭はまだ出来ていない。 GoogleEarthの衛星写真でも、建物はほとんどでき上がっているが、船艇は大型船だけなので、撮影時点ではまだ本格的には運用されていないのだろう。

 

さて、ここで、日本の神奈川県横浜市にある、海上保安庁・第三管区海上保安本部と、同スケールで比較してみましょうか。

横浜保安本部は、沿岸警備隊の巡視船で世界最大(だった?)、6500トン級「PLH31 しきしま」と「PLH32 あきつしま」の基地だ。

 

海保三管・横浜保安本部
20150901215914 

 

海監第四支隊・舟山基地
20150901215913

(点線部分は、もしかしたら関連施設かもしれない。) 

中国海監の舟山基地の規模は、横浜でいうと、赤レンガ倉庫から横浜ワールドポーターズ(ショッピングセンター)近くまで及ぶ、広い敷地と埠頭を持っている。

 

さらに中国海警局は、浙江省温州市に、岸壁の長さ1200メートル、排水量1万トン級までの大型船など最大6隻の艦船の停泊が可能、飛行機やヘリコプターの格納庫を備える、温州指揮・総合保障基地(温州指挥和综合保障基地)を建設するとの情報がある。

誤報でないならこれは恐らく、中国海警局が、東シナ海を管轄する東海分局としての本部施設と埠頭、航空隊など、見合っただけの規模の基地を求めたのだろう。

正直なところ、羨ましい限りの公共事業なわけだが、その一方で他人事ながら、

 

「人と船を、ちゃんと維持出来んの?(´ ・ω・`)」

「財政が、ガタガタになってきてるんじゃね?(´ ・ω・`)」

 

心配である。 

中国さんには、沿岸部隊はともかくとして、国境近くの第一線に配備される船艇には、偶発的な衝突を起こさないよう、教育と訓練、国際交流も十分に行っている経験値の高い船長や隊員、船艇を配備してほしいものだ。

 

中国海警局 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

なぜ、習近平は激怒したのか 人気漫画家が亡命した理由(祥伝社新書) (祥伝社新書 435)

なぜ、習近平は激怒したのか 人気漫画家が亡命した理由(祥伝社新書) (祥伝社新書 435)