読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

ニッチで何となく深読み系。|メモノメモ新館| 海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【鳥インフル】 広東省深圳市、龍崗区で新たなH5N6鳥インフルエンザ感染者 7例目 H7N9鳥インフル感染者も増加傾向

感染症 H7N9鳥インフル 中国

http://www.flickr.com/photos/27283274@N00/132967800

photo by celesteh

中国、広東省深圳市の龍崗区で、新たなA/H5N6鳥インフルエンザ感染者が確認された。25才男性。香港政府公報が発表した。

昨年末には深圳市宝安区の26才女性に、1月1日には同じ広東省の肇慶市の40才女性に、H5N6鳥インフルエンザの感染が公表されている。
深圳市宝安区の患者は、治療を受け始めるのが遅く死亡した。 

 

H5N6鳥インフルエンザ(以下、鳥インフル、または鳥フル)のヒトへの感染例は非常に少ない。これまでに世界で7例、いずれも中国で確認されたが、昨年12月から連続して3例が確認されている。

H5N6鳥インフルエンザ・ウイルスが広東省で拡がり始めているのだろうか?

 

Ads by Google

 


 

衛生署衛生防護中心今日(一月七日)接獲廣東省衛生和計劃生育委員會通報一宗人類感染甲型禽流感(H5N6)新增個案,並再次呼籲市民,不論在本地或外遊期間,應時刻保持個人、食物和環境衛生。
個案涉及深圳龍崗一名25歲男子,正留院接受治療,情況較重。
自二零一四年至今,內地衛生當局通報共7宗人類感染甲型禽流感(H5N6)個案。

衛生防護中心接獲廣東通報新增一宗人類感染甲型禽流感(H5N6)個案(1/7|香港特區政府新聞公報) 

深セン市で鳥インフル感染の女性死亡=香港保健省(Reuters)

FORTH|新着情報|2016年01月05日更新 鳥インフルエンザA(H5N6)の発生状況

宝安发现1例H5N6禽流感病例(12/30|宝安日报)
衞生署接獲廣東省通報一宗人類感染甲型禽流感(H5N6)確診個案 (1/1|香港特區政府新聞公報)  

快適使いきりマスク プリーツガード 小さめサイズ 60枚入

快適使いきりマスク プリーツガード 小さめサイズ 60枚入

 

 

H5N6鳥フル感染者(深圳市宝安区)採取したサンプルのDNA検査の結果、2014年の広東省のアヒルから分離されたウイルスと同じ起源と考えられている。深圳市では2015年12月に、市場外の環境サンプルからH5N6のウイルスが検出された。

基因测序结果显示,患者样本中H5N6病毒HA、NA基因与2014年广东省从鸭只中分离的H5N6病毒高度同源,同源性>98%;与深圳2014年活禽市场外环境分离出的H5N6病毒高度同源,同源性>98%;与深圳2015年12月份来自外环境标本分离出的3株H5N6病毒高度同源。

深圳首例H5N6流感病例病毒基因确定(1/4|金羊网新闻)

 

広東省疾病予防コントロールセンターの首席専門家、何剣峰(何剑峰)は、昨年12月からの広東省でのH5N6鳥フル感染例について、ウイルスは変異しておらず、ヒトへの感染と感染拡大のリスクは低いと話す。深圳市(宝安区)と肇慶市の感染例は、偶発的かつ散発的なものであり、科学技術が発達してトレーサビリティが高まったことで、病例の追跡確認が容易になったことの結果だそうだ。

何剑峰介绍,H5N6并非新出现的病毒,国外及中国都曾在水禽中发现H5N6禽流感病毒。“H5N6是流感病毒的一种亚型,病毒的来源是禽类,对家禽具有高致病性。从我们监测的情况及各种文献资料表明,目前H5N6病毒并未发生人传人的根本变异,导致人感染和传播的风险较低。深圳和肇庆发生的两例病例属于偶发散发个案。”

关于“全球报告六例H5N6患者其中有三例在广东”的说法,何剑峰强调,这里提到的病例是指已经被发现并被确诊的。随着科技发展,病毒溯源更清晰,病例追踪更到位,广东有更强能力发现病例。

广东省疾病预防控制中心

 

身近なところにウイルスがいて感染者も出ていたが、把握率が高まったために急に感染者が増えたように見えるのかもしれない。

確かに、2013年からのH7N9鳥インフルのエピデミックと、その後の中国衛生当局の対応によってH7N9鳥フル以外の感染例の報道も増えたと感じられる。

なぜ今シーズンなのかは分からないが、地理的には、広東省は感染例の発表と報道の透明性が比較的に高いので、余計にそう見えるのだろう。

アイリスオーヤマ マスク サージカル プリーツ ふつう 60枚入り SGK-60PM

アイリスオーヤマ マスク サージカル プリーツ ふつう 60枚入り SGK-60PM

 

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 

 

一方、H7N9鳥インフルエンザでも、偶発的かつ散発的とみられる感染例が、報道されている。

広東省梅州市や東莞市、浙江省杭州市、湖南省永州市で、それぞれ1例ずつ報道や発表があった。1月になって、上海市の59才男性(市戸籍)の感染が発表された。江西省や浙江省寧波市、広東省掲陽市でも感染例が報道されている。

 

その報道の傾向を見ているとちょっと面白い。広東省と上海市は、衛生計画生育委員会のウェブサイトや微博発布で公式発表していた。それに対して他の省の感染例は、微博だけの発布や香港経由での、偶発的かつ散発的な報道となっている。

報道を発見するのがなかなか難しい。(苦笑)

 

1月7日、江蘇省衛計委が12月の感染症の公式発表を行った。H7N9鳥インフルエンザの感染者は2例。(12月中の報道は見かけなかった。)

近いうちに国家衛計委から、他の省市の感染例の集計結果が発表されるだろう。福建省あたりでも感染者が出ているかもしれない。

 

H7N9鳥インフル カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

感染症 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]

手ピカジェル プラス 300mL [指定医薬部外品]