読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

ニッチで何となく深読み系。|メモノメモ新館| 海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

中国 無人機・ドローンに火炎放射器を装備して実用化

中国

20160929194442全意航空官方网站

中国、浙江省杭州市で、火炎放射器を搭載したマルチコプター(ヘキサコプター)が実用化され、高圧線の異物除去の様子が報道された。

 

報道されたのは江蘇省の飛行艇・ヘリ・無人機の会社。浙江省杭州市の高圧線にひっかかった連続旗(万国旗?)を焼き払う様子が、会社の無人機の応用事例として公開された。  

杭州供电公司用喷火无人机消除供电网上的障碍 - 全球无人机网

Ads by Google

 


ーー(追記:2017/2/23)ーーーーーー

 動画。

Flamethrower Drone Used to Burn Debris Off Power Lines - YouTube

ーー(追記ここまで)ーーーーーーー

 

20160929194446

発表によると、高圧線に連続旗などが絡みつくと停電の原因になるので、それを無人機・小型ドローンに搭載した火炎放射器を使って、摂氏400度の火炎で焼却して取り除くのだそうだ。

全意航空科技有限公司は、江蘇省の飛行船や気球の製造と運用を行っていた会社で、近年は、ヘリや、無人機・ドローンを使った事業も行っている。

杭州供电公司用喷火无人机消除供电网上的障碍-无人机应用案例-全意航空官方网站

 

安全性や、法規制・許認可はどうなっているのか気になるところだが、いかにも中国ぽい、ダイナミックな事業展開の話でした。