pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

クリミア大橋での爆発で、カディロフの娘の裁判を担当した判事が死亡→ 陰謀論を検証してみた。

20221017060725(tsn.uaより)

クリミア大橋の爆発事件について、カディロフの娘の裁判を担当した裁判官が死亡していたと分かったことから、「橋での爆発は裁判官を殺害するためだった」という説が話題だ。

陰謀論らしい陰謀論で楽しいのでこれについて少し。

結論は「ほぼデマ」。

”ほぼ”をつけたのは、裁判官の死に関してロシア国内で情報が厳しく管理されている場合、100%デマだとは言い切れないからです😅

 

まず事実(ファクト)は、

・モスクワ市仲裁裁判所のセルゲイ・マスロフ(Сергей Маслов)裁判官が、クリミア大橋の爆発事件で死亡した。裁判所の所属する裁判官一覧にのっており、ロシアのタス通信が10月11日付けで死亡を報道した。(タス通信, 2022-10-11)

・ラムザン・カディロフの娘であるアイシャット・ラムザノフナ・カディロワ(Айшат Рамзановна Кадыровой)(22)が関わるファッションハウス「フィルダウス(Фирдаус(Firdaws))」に対して米国の出版社「コンデナスト(Condé Nast)」のロシア部門が訴訟を起こしていた。
この訴訟は今年(2022年)8月8日に受理されたが原告が請求を棄却したことで、モスクワ仲裁裁判所が8月19日に手続きを終了する決定を下した。(コーカサスの絆(Кавказский Узел)紙、2022-08-23)(同紙、2022-08-15)

、この2つ。

これに加えて、カディロワの会社への訴訟を担当したのはセルゲイ・マスロフ(Сергей Маслов)裁判官だとコーカサスの現実(Кавказ.Реалии)紙が8月に伝えていた。ただしこの情報は、このRadio Free Europe/Radio Liberty系ネット・ニュース・サービスの記事でしか見つけていない。(コーカサスの現実(Кавказ.Реалии)紙、2022-08-23)

出版社コンデナストが請求を取り下げた理由ははっきりしないが、メディアで取り上げられたことで公判前に出版社と和解をした可能性があるそうだ。

 

この訴訟の後にふたたび、カディロワと関係する会社に対して別の訴訟がありモスクワ仲裁裁判所でマスロフ裁判官が担当となった可能性もゼロでは無い。しかし9月以降に新たな訴訟があったことを指摘する発表や報道は見当たらない。ウクライナのメディアはこのネタを多く報じているが、どれも8月の米国の出版社コンデナストの訴訟だけを書いている。

 

 

実はクリミア大橋の爆発事件の後にこの話題が出た当初は、爆発物が隠されていたのはトラックではなく隣を走っていた車(キャデラック エスカレード)の方だという文脈で語られていた。車の所有者がモスクワ仲裁裁判所の裁判官なので、橋の入り口の検問所で充分な検査が行われなかったという指摘だ。

20221017194505

それに加えて、爆発の死者3人と発表された後に4人目の死者がいてモスクワの裁判官だとネットSNSで噂となり、その氏名が慎重に扱われて報じられなかったことで陰謀論が育まれる土壌となっただろう。

 

20221017194459

ロシア連邦保安庁(FSB)は爆発物はトラックに積まれていて、ウクライナ情報局が背後にありウクライナのオデッサからブルガリア、ジョージア、アルメニアを経由してロシア国内に持ち込まれたというシナリオを発表した。

いろいろ問題のあるシナリオだと思うし、真偽はともかくロシア政権にとってはどうしても「ウクライナによるテロ事件」としたいストーリーだろう。陰謀論にとっても栄養たっぷりの肥料だ。

 

Ads by Google

 


続きを読む

台湾、海巡署が海上保安庁と10時間対峙 台湾の海洋調査船の活動をめぐって

20221005052508(張競氏のFacebookより)

9月29日、沖縄県の与那国島の南方の排他的経済水域(EEZ)で、台湾大学の海洋調査船「新海研一号」の海洋調査活動をめぐって海上保安庁と海巡署(台湾の沿岸警備隊)の巡視船が対峙した。中時新聞網電子版などが報じた。

海上保安庁の巡視船は「新海研一号」に対して、日本の排他的経済水域(EEZ)で我が国の同意のない海洋調査は認められないと無線で通信をした。一方、海巡署の巡視船は「新海研一号」と海上保安庁の巡視船の間の水域に割って入り、ここは台湾の排他的経済水域(EEZ)であり海洋調査船への干渉をやめるよう伝えた。

双方の対峙は「新海研一号」がその水域を離れるまで約10時間続いたそうだ。その際に問題とされるような行動は双方ともに無かったのだろう、台湾側の発表も報道はなく海上保安庁からも発表もない。

海巡艦隊為「新海研一號」驅離日保安艇 張競:為海巡弟兄鼓掌敬禮 - 軍事 - 中時新聞網 

 

海巡署東部機動海巡隊の陳源欽副隊長によると、今回の一件が起こった海域は花蓮港の東南に78海里(約144.5km)、「北緯23度37分・東経123度00分」。その緯度経度をGoogle地図でプロットしてみると(下の地図の❌印)、与那国島の南に約90kmの海域で実は日本の方が近い。
(この地図は、台湾の行政院(日本の内閣に相当)が2014年11月に制定した自国の漁民や漁船の操業の安全を保護するため海域を設定した複数の地図の一つ(一部切り抜き)。海巡署の公式ウェブサイトでも法執行活動の範囲として公開されている。尖閣諸島の周辺の海域と日台漁業協定に関してはこの地図には記載されていない。しかし同じ法令に附属する別の地図で記載されています。勘違いはしないでください)

20221006195052

200海里(約370km)の排他的経済水域(EEZ)という距離だけで見ると日本と台湾のどちらも入って重複している海域だけれども、両国の間で明確な境界の合意はされていない。そこで台湾の行政院はEEZの線(赤色の二点鎖線)を、日本の領海や台湾本島をも横切る形で引いちゃっている(苦笑)
(そこ、もうちょっと何とかしとけよ🤨

 

それよりも問題なのは、日本の領海近くの海域にまで、台湾が一方的に設定している「暫定執法線(暫定法執行線)」(黒色の一点鎖線)だ。今回の台湾側の管轄範囲の主張もこの「暫定執法線」に基づいている。
この内側の海域は、台湾の漁民や漁船の操業の安全を保護するために法執行活動を行える海域と、2014年11月に行政院で決定された(この背景には尖閣諸島の周辺海域での日台漁業協定も関係しているがここでは余談)。

ほとんど話題にならないが、この暫定執法線を日本側、特に沖縄の人たちが見たらけして良い気分になるようなものではない。

また、中国が、この台湾行政院が設定した「暫定執法線」を法的な根拠だとして「中国海警局に所属する船舶が法執行活動を行ってよい海域だ」と主張する可能性もあるだろう。

https://www.rootlaw.com.tw/Attach/L-Doc/A040270061022400-1031120-3000-002.pdf(全体の地図)(pdfファイル)

政府護漁標準作業程序 - 行政院農業委員會 

執法範圍 - 海洋委員會海巡署 (法執行の範囲 - 海洋委員会 海巡署)

 

台湾の国民と国の主権を守るための行動を頭から否定することはしないけど、一方的な境界線の主張をもとにしてあまりに強硬に対応するようでは、まるで嵐の海に漕ぎ出すような真似はおすすめできない。台湾の海巡署も政府もそれが分かっているから今回の一幕に関する発表は行わなかったのかもしれない。台湾メディアも報じていなかった。

ところが、3日後の10月2日に台北を拠点とする中華戦略学会の張競(Chang Ching)研究員がFacebookで写真付きで記事にしたことで、中時新聞網電子版が取り上げて報じた。翌日には、他の台湾メディアが後追いで報道をし、海巡署が概要について発表をすることとなった。

 

張競氏の発言は強い論調のものが増えていて、今回のFacebookの記事でも台湾の管轄海域や国家主権を強調している。

それに蔡英文総統の政策に批判的な中時新聞網がとびついたあたり、どの方向へ煽っているのか分かりやすい…中国(北京)が背後にいるかも?とまではさすがに言わないけれども。

台湾と日本の間が冷えたなら、それを喜ぶのは中国なわけですし。

20221005052707
張競 CHANG, Ching - Facebook
(2022/10/02 03:42)

海巡艦隊為「新海研一號」驅離日保安艇 張競:為海巡弟兄鼓掌敬禮 - 軍事 - 中時新聞網 (2022/10/02 20:24)

 

Ads by Google

 


続きを読む

【中国海警局】「海警14609」初確認、600㌧級密輸取締船、ウォータージェット推進

20220929062137(時事通信より(第11管区海上保安本部提供))

海上保安庁 第11管区海上保安本部によると9月28日の午前3時15分頃から、中国海警局の船3隻が尖閣諸島の領海に侵入し、日本の漁船3隻に接近しようとした。海上保安庁は漁船の周囲に巡視船を配置して安全を確保した。

中国海警局の船は領海侵入をした3隻の他に、接続水域に3隻が航行していた。計6隻のうち接続水域を航行した2隻が機関砲を搭載する。

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海や接続水域では、中国海警局に所属する艦船の航行が常態化している。今年よく確認されるパターンは、4隻のグループが約1ヶ月ごとに交代をして、時々1〜2隻が接続水域から大陸沿岸に移動をするというものだ。しかし、接続水域で4隻よりも多い船数が公に確認されることと、複数の機関砲を搭載する船が確認されるのは昨年(2021年)8月以来、約1年ぶりとなる。

 

今回(2022年9月)も昨年(2021年8月)も、中国海警局の船に追尾された日本の漁船はネット放送局の”日本文化チャンネル桜”の船と関係する漁船だった。

【中国海警局】 尖閣諸島の接続水域内に中国海警局の船7隻。2016年8月以来。 - pelicanmemo (2021-09-06)

 

前日の9月27日に、尖閣諸島の接続水域で確認されていた中国海警局の船は「海警2502」「海警2301」「海警2302」と機関砲を搭載する「海警2203」。これに「海警2102」と機関砲を搭載する「海警14609」が加わって6隻となった。
日本の領海に侵入をして日本漁船3隻に接近を試みたのは「海警2502」「海警2301」「海警2302」で、この3隻は機関砲は搭載していない。

 

昨年(2021年8月)のケースも今回(2022年9月)でも、ウォータージェット推進の600トン級密輸取締り船が、接続水域を航行している姿が確認されている。

このタイプの船が尖閣沖で確認されるのはほとんど無い(*)。

中国側は日本の漁船の取締りを強化し、漁業法違反の容疑だけではなく、あわよくば尖閣諸島(沖縄県石垣市)の沖で法執行活動を行うチャンスをうかがっているのだろう。

(*)尖閣沖で確認されたのは、2016年8月に中国漁船200隻以上と中国公船10数隻が確認された時をと2021年8月、今回の2019年9月の3回だけ。

Ads by Google

 


続きを読む

ロシア、ガスプロムが製作した動画?「Winter will be big」 歌詞

 20220907204043

先日、話題になっていた動画。

ロシアの国営ガス会社「ガスプロム」が製作したという触れ込みでSNSで拡散していた動画で、冬にガスの供給が停止されるとヨーロッパは氷河期のように凍りつくというもの。

 

20220907204047

ウクライナのアントン・ゲラシュチェンコ元内務次官がツイッターで紹介したことで、さらに話題になったようです。タイトル(英訳)を「Winter will be big」としています。これは映像で使われている詩・曲のタイトルです。

 

 

この動画は、ガスプロムによるCM動画ではありません。

 

動画の製作者は、ロシアのサンクトペテルブルク出身の石油・ガス事情に詳しいジャーナリストのアルトゥール・ホディレフ(Артур Ходырев)氏。ロシアの新聞 Fontanka.ru などが製作の意図などを取材しました。

これによると、ホディレフ氏はこの動画を自主的に作成しており、どこからもお金を受け取っていないと述べています(実際はどうなのか、知らんけど)。現在起こっている、あまりに馬鹿げていることを表現したそうです。

A journalist from St. Petersburg Artur Khodyrev, the author of a viral video about turning off Russian gas to Europeans, told Fontanka that he created it on his own initiative. According to him, over the absurd situation "there is no way not to laugh." (Google translate)

Журналист из Петербурга Артур Ходырев, автор вирусного ролика про отключение российского газа европейцам, рассказал «Фонтанке», что создал его по личной инициативе. По его словам, над абсурдной ситуацией «нет возможности не смеяться».

Ролик про замерзающую без российского газа в Европу, кто автор, зачем его сняли, 6 сентября 2022 - 6 сентября 2022 - Фонтанка.Ру

Автор ролика про замерзающую без российского газа Европу рассказал о его создании: Яндекс.Новости

 

Ads by Google

 


続きを読む

【中国海警局】 局長の王仲才、東海艦隊の司令官に

中国海警局(人民武装警察部隊海警総隊)の王仲才局長が、人民解放軍の東部戦区の副司令官、東海艦隊の司令官となったと報じられた。海軍中将に昇進した。

澎湃新聞によると、寧波市海曙区政府の公式サイトに掲載された記事で、7月29日午前に海曙区政府の指導部が東部戦区の海軍官兵を慰問し、東部戦区の副司令官兼東部戦区海軍司令官の王仲才中将などと座談交流を行ったそうだ。

中国や台湾のメディアでは、台湾を取り囲むように行われている中国による軍事演習の直前に、東部戦区の指導部2人が交代していたところに注目している。

空母「遼寧」の政治委員、梅文中将が東部戦区副政委 兼 東海艦隊政委となった。

 

据宁波市海曙区政府官网消息,7月29日上午,区委书记徐强带着海曙区委、区政府和全区人民的深厚情谊,走访慰问东部战区海军官兵,向他们致以节日的祝福和诚挚的问候,并与东部战区中将副司令员兼东部战区海军司令员王仲才等座谈交流,共叙军政军民鱼水深情,共话军地创新发展。区领导叶枝利、张启表、谢浩军、黄健、胡金红等参加。

区领导走访慰问东部战区海军 - 宁波市海曙区人民政府 (Google web cache)

20220806082730

 

中国海警局局長の後任人事や、政治委員や副局長、参謀長等に関しては今のところ報じられていないようだ。(記事公開時点)

続報を待ちたい。

【中国海警局】 武警・海警部隊の司令に、中国海軍の少将(副参謀長)か - pelicanmemo (2018-12-12)

 

王仲才は、59才(1963年生まれ)男性。

北海艦隊で「112 哈爾浜(哈尔滨)」艦副艦長、「113 青島(青岛)」艦副艦長を務めた。東海艦隊では「136 杭州」艦副艦長と艦長を務め、2013年、東海艦隊厦門水警区司令、2016年6月に東海艦隊副参謀長に任じられた。

2017年、中国海軍第26次護衛艦隊(中国海军第26批护航编队)の司令官として、中東のアデン湾やソマリア沖での海上警備を行った。第27次護衛艦隊と交代した後、ベルギー、デンマーク、英国とフランスを親善訪問した。同年、少将に昇進した。

2018年6月、中国共産党と国家機構改革法案(深化党和国家机构改革方案)と武警部隊改革実施法案によって再編された中国海警局(人民武装警察部隊海警総隊)の初代司令官となった。

 

--(追記:8/17)--------------------

日本経済新聞が報じた。 

中国海警局トップ、海軍幹部に昇格 台湾・尖閣に圧力: 日本経済新聞 (2022年8月17日)

防衛研究所の杉浦康之・中国研究室主任研究官は「最も緊迫した地域にエース級の人材を投入してきた。将来は台湾周辺で空母の運用を視野に入れているのではないか」と指摘する。

王氏は海軍出身で、2018年6月に海警局トップに就いた。海警局は18年に軍の最高意思決定機関である中央軍事委員会の指揮を受ける人民武装警察部隊(武警)の傘下に入った。21年には外国に不法侵害を受けたと判断した場合に海警局の船に武器使用を認める海警法の施行に伴い、組織が強化された。海警局は王氏のもとで体制の充実を進めてきた。

習氏が王氏を東部戦区海軍司令官に抜てきしたのは、軍と海警局の運用の一体化を加速する狙いとみられる。中国海軍は今年に入り、近海防御用の艦艇であるコルベット艦「056型」20隻を海警局に移管した。

 

China Coast Guard chief promoted to naval leader for Taiwan Strait - Nikkei Asia

--(追記ここまで)------------------

 

 

(Google cache)区领导走访慰问东部战区海军 - 宁波市海曙区人民政府 (2022-08-01 来源:海曙新闻网)(2022年8月1日 03:52:52 GMT にキャッシュ取得)8月5日に閲覧。

(original URL: http://www.haishu.gov.cn/art/2022/8/1/art_1229100495_58966867.html)

 

又一名将亮相东海:王仲才中将已任东部战区海军司令员_中国政库_澎湃新闻 (2022-08-04)

王仲才中将已任东部战区海军司令员 - 观察者网 (2022-08-05)

阵前换将!演训前两中将履新东部战区海军司令员、政治委员 - 两岸 - 中时 (2022/08/05)

辽宁舰原政委梅文已担任东部战区海军政委 - 新浪新闻 (2022年08月04日)

 

中国人民解放军东部战区海军 - 维基百科,自由的百科全书

中国人民武装警察部队海警总队 - 维基百科,自由的百科全书

王仲才 - 维基百科,自由的百科全书

梅文 - 维基百科,自由的百科全书