pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】 3000トン級「海警1305」、尖閣沖で初確認。 海警2305などの同型船

20180730204619
(超级大本营军事网)

海上保安庁、第11管区海上保安本部によると、7月29日に沖縄県の尖閣諸島の領海に「海警2306」「海警2307」「海警2502」「海警33115」の4隻が侵入し、1時間半航行した後、接続水域に退去した。
FNNによると、31日に、その4隻が接続水域を出たのと入れ替わるように「海警2308」「海警2501」「海警1305」「海警31240」が接続水域に入ってきた。「海警1305」がはじめて確認された。

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合を航行していた中国海警局の船4隻は、午前8時すぎまでに日本の領海のすぐ外側にある接続水域を出ましたが、替わって別の4隻が接続水域に入りました。

尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻に | NHKニュース

 

新たに確認された「海警1305」は、渤海・黄海を管轄する北海分局に所属する。2015年に配備。尖閣諸島の周辺海域で頻繁に確認されてきた、東シナ海を管轄する東海分局の「海警2305」「海警2306」「海警2307」「海警2308」の同型船だ。

 

Ads by Google

 


「海警1305」は、国家海洋局(中国海監)の3000トン級海洋監視船建造計画で建造された10隻のうちの1隻。北海分局には「海警1305」「海警1306」「海警1308」の3隻が配備された。(南海分局には「海警3306」「海警3307」「海警3308」の3隻)

2013年に中国海警局が正式発足してから、北海分局の公船が尖閣沖で確認されたのは、同年8月の、1000㌧級「海警1126」「海警1123」「海警1115」の3隻だけだ。当時はまだ、交代できる船の数が足りなかったのかもしれない。しかし、その後は、新造の3000㌧以上の海警船が、次々と配備され、北海分局の船(海警1xxx)は確認されなかった。

今回、「海警1305」が新たに確認された。7月1日から武警・海警総隊(中国海警局)に編入されてから、はじめての、これまでのパターンとは違う動きと言える。東海分局と省総隊に加えて、北海分局の公船もローテーションに加わるのだろうか?それとも・・・? 注意しなければならない。

中国海警局|尖閣周辺で確認された海警船。(船名の新旧対照まとめ)(2018/07/31更新) - NAVER まとめ

 

農業部の漁政(当時)の3000トン級漁業監視船建造計画が同時期に進行していたので、"海監型"3000トン級、"漁政型"3000トン級と区別して呼ばれることもある。(近頃はあまり見かけなくなったが)

全長98m、全幅15.2m。満載排水量3980㌧。

"海監型"3000トン級海警船の大きな特徴は、電気推進のアジマススラスターで360度回頭が出来る。

ヘリ格納庫とヘリパッドをもつ。ただし、これら新型の"海監型"3000トン級海警船で、ヘリコプターが運用されたという報道や発表は見かけない。
その一方で、同型「海警2308」が尖閣諸島の領海内で、ドローン(クアッドコプター)を運用したことがある。

【中国海警局】 尖閣諸島の日本の領海内で、中国海警局の公船がドローン(無人機)を運用 - pelicanmemo (2017-05-18)

 

これら"海監型"3000トン級海警船には、今のところ、機関砲などの固定武装の搭載は確認されていないようだ。ただ、ブリッジ前の甲板に、機関砲の台座らしい部分が2つあり、中央の尖塔の上にカバーがかかった装備(FCSかもしれない)がある。

【中国海警局】新たに配備された3000トン級「海警2306」 尖閣の領海侵入 ・・・何だ、あの装備は?: メモノメモ (2015年1月19日)

 20180730205031
(鼎盛军事论坛 via. sinodefenceforum

 

中国の党・政府の機構改革案によって、2018年7月1日から海警船隊は、武警・海警総隊(中国海警局)に編入された。

武警・海警総隊(中国海警局)となった後の組織構造は未だはっきりしていないが、国家海洋局・中国海監北海分局のときは、「海警1305」は青島が母港で中国海監第一支隊に所属していた。(母港は変わっていないだろう)

 

配備された2015年当時の船長は、民間の国有企業で大型船で船長をつとめていた人で、中国海監の大型船建造計画に合わせて行われた募集で採用された。年収30万元(約500万円(為替(2018/7/31)))の仕事をやめて、月給数千元(10万円〜15万円くらい?(同上))の海警の船長の仕事についたと話題になっていたものだ。

武警・海警総隊(中国海警局)に編入された現在、同じ人がそのまま船長を務めているのか?乗組員の人事は変わったのか?これからどうなるのか?は未だ分からない。続報を待ちたい。 

 

【中国海警局】武警・海警総隊と、国家海洋局、中国海監 - pelicanmemo

 

中国海警局 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

“中国海警1305船”印象 - 中国海洋在线

走进“中国海警1307”船 - 中国海洋在线 

よくわかる海上保安庁 しくみは?どんな仕事をしているの?

よくわかる海上保安庁 しくみは?どんな仕事をしているの?

 
オールアバウト海上保安庁 (イカロス・ムック)

オールアバウト海上保安庁 (イカロス・ムック)