pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】 3000トン級海警船2隻が津軽海峡を通過 北太平洋の公海での漁業パトロールへ、海警法の施行後はじめて

20210802192144新华网より)

7月30日、中国海警局の3000㌧級の船2隻が北太平洋の公海での漁業法執行パトロールのため上海を出港した。東シナ海から対馬海峡、日本海を、8月2日に津軽海峡を通って太平洋へと航行した。

一昨年(2019年)には、わざと(?)、津軽海峡(国際海峡)の領海をかすめて航行したためニュースになっていたが今年は公海に相当する海峡中央部だけを航行したようだ。

 

中国は毎年この時期に、「北太平洋における公海の漁業資源の保存及び管理に関する条約(北太平洋漁業資源保存条約)」に基づいて漁業法執行に対応できる船2隻を派遣している。中国海警局が成立するより前の農業部漁業局(当時。現在は農業農村部漁業漁政管理局)の頃から毎年7~8月のこの時期に派遣している。
わざと東京オリンピック開催時期に合わせたわけでは無いだろう。

 

例年は、任務が終わって帰港した後に実績が発表されていたが、今年は出港前からの発表と報道となった。今年2月に「海警法」(中华人民共和国海警法)が施行されてから初めての任務だからだろう。発表ではこれまでになく国際法や国際的なイメージを強く意識した書き方となっている。

北太平洋漁業資源保存条約のメンバーとして、中国は海警(海警局の船)を北太平洋の(漁業)法執行パトロールに派遣することで、国際的な義務を積極的に果たし、責任ある大国としての姿を示している。グローバルな海洋ガバナンスに参加して、公海での漁業生産秩序を維護し、海洋資源保護の重要な役割を発揮する。

作为《北太平洋公海渔业资源养护和管理公约》成员国,中国派遣海警赴北太平洋巡航执法,对于积极履行国际义务,展现负责任大国形象,参与全球海洋治理,维护公海渔业生产秩序、保护海洋资源发挥着重要作用。

中国海警赴北太平洋公海开展渔业执法巡航 - 中国海警 微博

中国海警赴北太平洋公海开展渔业执法巡航 - 新华网

2020年: 【中国海警局】 津軽海峡を公船2隻が通航 北太平洋の公海での漁業パトロールか - pelicanmemo (2020-08-25)
2019年: 【中国海警局】北太平洋の公海で漁業パトロール | 7月下旬、津軽海峡で領海を通航した2隻か - pelicanmemo (2019-08-19) 

 

もちろん海上保安庁も実施していて、毎年の海上保安レポートで発表している。

以前は、米国沿岸警備隊(USCG)と中国海警局(CCG)が共同で違法漁業の取締りも行われており、両国からの発表もあった。しかし米中関係の悪化のためか、中国海警局がそれまでの行政組織から武警部隊に隷属となることで軍事色が強まったためか、止めているのかもしれない。

 

Ads by Google

 


20210802192149新华网より)

7月30日上午,由中国海警局“衢山舰”与“海门舰”组成的舰船编队从上海起航,前往北太平洋公海执行为期31天的2021年北太平洋公海渔业执法巡航任务。

今回派遣された2隻は「衢山艦(衢山舰)」と「海門艦(海门舰)」。

「衢山艦(衢山舰)」は3000㌧級「海警1304」で、前の船番号(舷号)は「海警2301」。「海門艦(海门舰)」は3000㌧級「海警1303」で、前の舷号は「海警2303」でいわゆる漁政型3000トン級。船型は違っていて、どちらも30mm機関砲を装備している。

特に「海警1304(もと海警2301)(衢山艦)」は、北太平洋海上保安フォーラム(NPCGF) の多国間多目的訓練(MMEX)など対外活動でよく顔を出している。

20160813081224【中国海警局】 3000トン級「海警2301」 - pelicanmemo (2016-08-13)

 

今年になって、中国海警局の活動発表では船番号(舷号)ではなく船名を使う場合がいくつもでてきている。もしかしたら、いずれ「中国海警局の「舟山艦」(*)が・・・」と報道されるようになって、また舷号との摺り合わせがメンドクサクなるのかもしれない。 😆
(*)2901です🙂

 

 

近ごろはいろいろとあるけれど、以前は、米国沿岸警備隊(USCG)と中国海警局(CCG)が共同で違法漁業の取締りも行っていた。

2016年には、米国沿岸警備隊と中国海警局による違法漁業取締活動の様子が、写真付きで両国から発表されている。

【中国海警局】 アメリカ沿岸警備隊との、北太平洋での共同漁業パトロールを実施 - pelicanmemo (2016-09-02)

 

米国の沿岸警備隊(USCG)と中国の漁業当局による共同での漁業パトロール活動は、1993年から行われている。2002年からは漁業法執行船を派遣し、2013年に中国海警局が正式発足してからは大型の海警船を派遣していた。しかし、2017年からその発表は見かけなくなった。米中関係が悪化したため実施しても公の発表を控えているのかもしれないし、米中2カ国での共同の活動を停止しているのかもしれない。

--(追記:8/3)--------------------

米国沿岸警備隊(USCG)の司令官 カール・シュルツ提督(Admiral Schultz, Admiral Karl Schultz)は、中国との共同法執行活動のMOA, MOUが失効してから1年以上たっている、中国側と覚書(MOA)の再交渉のテーブルについていると話した。

7月29日の各国メディアの記者とのオンライン会議・記者会見の席で話し、サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)紙が8月3日付け記事で伝えた。

Admiral Schultz: So let me start in reverse order. So we had a memorandum of agreement, MOU, with China that expired, and we are at the table; we’ve been at the table for some time. I think it’s been about over a year now. But we are renegotiating that memorandum of agreement with China.

Teleconference with Admiral Karl Schultz, Commandant of the U.S. Coast Guard - United States Department of State (JULY 29, 2021)

US Coast Guard renegotiating deal with China for joint enforcement, even as it bulks up presence in western Pacific | South China Morning Post (3 Aug, 2021)

--(追記ここまで)------------------

 

2018年に、米国沿岸警備隊の船から中国海警局の船に対して拿捕した中国漁船の引き渡しがあり、米中両国から発表があったくらいだった。

【中国海警局】 アメリカ沿岸警備隊「アレックス・ヘイリー」、北太平洋で中国漁船を摘発 「海警2301」に引き渡し - pelicanmemo (2018-06-30

 

中国海警赴北太平洋公海开展渔业执法巡航 - 新华网

中国海警赴北太平洋公海开展渔业执法巡航 - 图片 - 新华网 

北太平洋漁業資源保存条約|外務省