pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】人民武装警察部隊・海警総隊の中型航空機「MA-60 MSA」(新舟60)

20210412210643(微博より)

中国SNSで先週、中国海警局のエンブレムとマークがついた中型飛行機「MA-60 MSA」型機を撮影した画像が公開された。内陸の民間空港で撮影されたもので、全身がはっきり映っている写真が公になるのははじめてだろう。

 

ざっくりと書くと「MA-60 MSA」型機は、海上保安庁の「ボンバル300」型と全長・全幅など大きさがほぼ同じ双発ターボプロップ機。同クラスの洋上監視・海難捜索機だ。
各種レーダーや光電子センサーによる上空からの洋上監視、哨戒任務が重視されていると感じられる。

20210414062442 海上保安庁「ボンバル300」型第十一管区海上保安本部より)

 

2017年、中国海警局(武警)に統合再編される前の組織の一つである国家海洋局南海分局 南海航空支隊(当時)に、同じMA-60型「B-5002 」機がはじめて正式配備された。外見からは大きな違いは見られない。同じ機体かどうかは不明。

今回公開された写真の機体には、機体番号だろう数字「21701」が書かれている。

中国海監 南海航空支隊に、中型航空機「MA-60(新舟60)」型、正式配備 - pelicanmemo (2017-06-24)

【中国海警局】武装警察部隊・海警総隊の直9型ヘリ、初公開 | 海南省三亜市、第二航空大隊所属か - pelicanmemo (2020-07-19)

中国海警局 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

Ads by Google

 


続きを読む

細かすぎて伝わらない新型コロナウイルスの変異株

20210410203542

一発ネタ。😅

 

レモン味しばりにして、第2波を第1波と同じブランドの製品を使った以外、選んだメーカーやブランドに特に意味はありません。

グラフの元ネタはNHKから。

第1波~“第4波”か 感染者数グラフ(全期間を1画面表示)|NHK

 

つい、カッとなって作ってしまった。ちょっと後悔している。

ストゼロ苦手。1缶だけでも翌朝に残るんです…😓 

Ads by Google

 


続きを読む

米海軍、日本と韓国に対して「航行の自由」作戦を実施 どこで行われたのか?【地図】

20210407125056共同通信より)

共同通信は4月5日付けの記事で、昨年(2020年)12月15日に米国海軍第7艦隊が対馬海峡の日本の領海内で「航行の自由」作戦(Freedom of Navigation Operation(FONOP))を行っていたと伝えた。

実は日本だけでなく、先週(2021年3月31日)、韓国の領海内で「航行の自由」作戦を行っている。米国海軍第7艦隊は、大韓民国(韓国)の過度な直線基線の主張に異議をとなえることにより、国際法で認められている海洋の権利と自由、合法的な使用を擁護すると表明した。

 

「航行の自由」作戦がどのあたりで行われたのか調べてみた。

 

ところで米海軍第7艦隊は、日韓どちらのケースでも「航行の自由」作戦を実施した日に公式ウェブサイトで発表をしている。

しかし、なぜか共同通信(2021/04/05)の記事では、昨年末(2020/12/15)の日本の領海内での「航行の自由」作戦の実施が新たに分かったかのように報じつつ、韓国の領海内での先週(2021/03/31)の作戦実施については触れてはいない。

On March 31 (local time) USNS Charles Drew (T-AKE 10) asserted navigational rights and freedoms in the vicinity of the Kuk-To Island, consistent with international law. This freedom of navigation operation ("FONOP") upheld the rights, freedoms, and lawful uses of the sea recognized in international law by challenging the Republic of Korea's excessive straight baseline claim.

7th Fleet conducts Freedom of Navigation Operation > Commander, U.S. 7th Fleet (March 31, 2021)

  

共同通信の表現を借りるなら、米国海軍第7艦隊は”「(韓国の)過剰な海洋主権への異議申し立て」が目的”で、”同盟国の韓国にも等しく異議を唱えることで、国際秩序を守る姿勢を強調し、東・南シナ海で覇権主義的な動きを強める中国をけん制する狙いもある”のだろう。

 

米海軍第7艦隊(神奈川県横須賀市)が昨年末、日本政府による対馬海峡での領海設定の基準を問題視し、周辺で艦艇や航空機を活動させる「航行の自由」作戦を実施していたことが5日分かった。第7艦隊は「過剰な海洋主権への異議申し立て」が目的だったと説明。日本政府は、国際条約に基づく適切な領海設定だと反論している。

米海軍、対馬海峡で作戦実施 日本の領海設定基準を問題視 | 共同通信 (2021/4/5)

TSUSHIMA STRAIT – On Dec. 15, USNS Alan Shepard (T-AKE 3) asserted navigational rights and freedoms in the vicinity of Tsushima Strait near Japan. The ship conducted normal operations within claimed territorial seas to challenge excessive maritime claims and preserve access to the waterways as governed by international law.

USNS Alan Shepard conducts Freedom of Navigation Operation > Commander, U.S. 7th Fleet (Dec. 15, 2020)

 

Ads by Google

 


続きを読む

空港や国際郵便局ではたらく検疫探知犬が2年間で約5倍に、全国で140頭体制

20210401191552広報資料:動物検疫所より、2021年カレンダー(pdfダウンロードできる))

空港や港湾、国際郵便局で働く検疫探知犬(動植物検疫探知犬)が、この2年間で5倍近くの140頭に増強されたことが分かった。 

 

2年前、2018年末は成田空港や羽田空港、関西国際空港など全国7つの国際空港(*1)と川崎東郵便局で29頭(ビーグル犬27頭、ラブラドール・レトリバー犬2頭)が導入されていた。

今年3月末(2020年度末)に、主要な国際空港に加えて地方空港も含む17港に拡大され、さらに全ての国際郵便局(*2)で導入された。総数は、世界でも有数の数の140頭(ビーグル犬108頭、ラブラドール・レトリバー、大型犬(*3)32頭)となる。内訳は東日本に68頭、西日本に72頭。

20210401191546
動検時報(pdf)より)(オリジナルは白黒ですこし見難かったので色をつけた)

 

わずか2年で111頭増加。5倍近くとなった。

やればできるじゃないか。😃

今後は、国際フェリーや高速船などについても検疫探知犬活動を拡げるそうだ。農林水産省の動物検疫所が発行している情報紙「動検時報」2021年第一号が詳しく伝えている。

動物検疫所「動検時報」2021年第一号(Vol.54-1 2021.01)(pdfファイル)https://www.maff.go.jp/aqs/topix/attach/pdf/pamphlet-244.pdf (新たな最新号が公開されたらリンク切れとなるかもしれない)

動検時報バックナンバー:動物検疫所

(*1) 新千歳空港、成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、那覇空港。
(*2) 国内全ての国際郵便局(川崎東郵便局、東京国際郵便局、中部国際郵便局、大阪国際郵便局、新福岡郵便局、那覇中央郵便局 
(*3)動検時報では”大型犬32頭”とだけ書かれている。全ての犬種は曖昧。

 

各空港に導入されているビーグル犬は、臭いを嗅ぐ能力と目標物を追う能力が高く、身体が小さいので狭いところでも行動ができる。また、その外見から旅行者などへ恐怖感を与えないなど各国でも検疫探知犬として採用されている。

その一方で、川崎東郵便局など国際郵便局に導入されている大型犬、ラブラドー ル・レトリバーは、臭いを嗅ぐ能力と活動意欲が高く国際郵便物をまとめて置いてある大部屋で高い位置にある荷物も探知することが出来る。

動植物検疫探知犬について:動物検疫所

 

Ads by Google

 


続きを読む

新型コロナウイルスと変異株と交通事故 「とても滑りやすくなっています」

 20210331202732

もう3月も終わりなので、新型コロナ禍と、新型コロナウイルスの変異株(ニュース記事では変異ウイルスとも書いている)について雑感を少し。だらだらと。

 

新型コロナのこれまで(第2波・第3波)と、感染しやすい”変異株”(第4波?)について話す時、ときどき車の運転と交通事故に例えています。

 

  • これまでの新型コロナウイルス(第2波・第3波)は、雨で濡れた道路です。
    滑りやすくなっているので、晴れた日よりも運転に注意が必要です。

  • 新型コロナウイルスの変異株(第4波?)は、雪道や凍結した道路です。
    とても滑りやすくなっているので、これまでと同じ運転ではダメです。事故ります。
    また、凍結した道路(新型コロナ変異株)では、玉突き事故・多重衝突事故(集団感染・クラスター)が起きやすいです。

20210331202725 

新型コロナの変異株による第4波は、これまでは”本日も雨、ところにより強い雨”だったのに、突然に吹雪になったり豪雨、濃霧になるようなもの。いきなり『サイレント・ヒル』の世界です。

ふと気付いたら目の前まで迫っていました。

そんな時に、これまでと同じ運転でスピードで突っ走ったりは普通しませんよね?

この状況で、スリップ事故や追突事故、玉突き事故を起こさないためには、普段よりスピードをおとす(以前とは違った生活パターンを)、車間距離を充分にとる(ソーシャル・ディスタンス)、渋滞を避ける(他の大勢と同じ時間・場所・行動を避ける)などなど、その状況にあった運転(生活)が大事です。

 

こういうのは、論理的な説明かどうかではなく、ふんわりと納得できそうだったり、なんかだまされている気がしても、これまでと同じ行動をしてると「事故る」かもしれないとイメージしてもらえればいい。

 

雪道や凍結した道路に縁が薄い沖縄県など南国の地域なら、台風が近付いて強風の時やスコールのような豪雨とか、自動車に乗らない人なら、歩いて階段を下りる時とかワックス塗り立ての廊下、坂道を下る自転車とか、まあいろいろで。 😊 

 

Ads by Google

 


続きを読む