pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

Twitter のアカウント"pelicanmemo"が凍結されました。(トップページ表示用)

Twitter のアカウント"pelicanmemo"が凍結されました。

 

この記事はブログのトップに固定するためのものです。

詳しくはこちらのブログ記事の方をご覧ください。その都度更新しています。

Twitter のアカウント"pelicanmemo"が凍結されました。【その都度、更新中】 - pelicanmemo

【中国海警局】 尖閣諸島の領海侵入の公式発表に変化か? 日本の漁船に接近

20221116001504

ーーーーーーーーーーーー

ツイッターのアカウント @pelicanmemo は凍結中。

ーーーーーーーーーーーー

11月25日、沖縄県の尖閣諸島の領海に中国海警局の船4隻が侵入した。

実際には、南小島の沖で2隻、大正島の沖で2隻だった。そのうち南小島の沖合で領海侵入をした2隻は日本の漁船に接近し追尾をした。海上保安庁が漁船の周囲に巡視船を配備して安全を確保するとともに、中国海警局の船に対して領海から出るよう警告した。

今回、領海侵入をした4隻のうち1隻が76ミリ砲を搭載する「海警2204」だったので、メディアが注目するのはそればかりになっている。

しかし、ほかの大きな懸念が中国海警局の対応にみられた。

 

中国海警局は、所属する船が尖閣諸島の領海に入ったときに公式の微博(ウェイボー)などで発表をしている。実は、これまで日本漁船を追跡して領海に入った場合には発表は無かった。今回はじめて日本漁船を追跡した「海警2502」が領海に入ったことについて発表をした。

具体的なことは書いていないが、中国海警局の船が法執行活動を行ったことを”連想”させる意図があるのかもしれない。

(当ブログ管理人は、尖閣沖で領海侵入の事案が報道されたらいつも中国海警局の公式微博をチェックし、更新の有無を確認してツイッターで記録してきました。(アカウント凍結中(記事公開時点)のため埋め込み表示は出来ない。スナップショット画像など詳しくは後述(*1))

 

今回の発表は「中国海警2502艦艇編隊」。

八重山日報の11月26日付け記事によると、「海警2502」と「海警2301」の2隻が南小島の沖で領海に侵入し、仲間均石垣市議らを乗せた漁船「鶴丸」へ近づこうとする動きをみせた。

20221126095326

2022年11月25日,中国海警2502舰艇编队在...  - 中国海警 - 微博

午前2時半ごろに侵入したのは「海警2301」「海警2502」の2隻で、南小島の南東約22㌔を航行していた日本漁船1隻に近づこうとする動きを見せた。
 漁船には3人が乗船。海保の巡視船が中国艦船を日本漁船に近づけないよう警戒し、漁業者の安全を確保した。
 漁船は24日夕、仲間均石垣市議らを乗せ石垣島を出港した「鶴丸」と見られる。

中国船、漁船追い侵入 最大級の機関砲搭載も 尖閣周辺 | 八重山日報 (2022-11-26)

(追記 11/28:

漁船追尾と別行動で侵入 最大級機関砲の中国船 尖閣周辺(八重山日報) - Yahoo!ニュース (2022-11-27))

 

Ads by Google

 


続きを読む

Twitter のアカウント"pelicanmemo"が凍結されました。【その都度、更新中】

当ブログ中の人が管理するTwitter のアカウント"pelicanmemo"が凍結されました。

このブログ記事の公開時に自動投稿されるツイートも表示されないでしょう。

ご覧になられましたら、ツイッターで凍結の情報を拡散をしていただけるとpelicanmemo の中の人の助けになります。うれしいです。

 

追記:このブログ記事は追記していくやり方ではなく、その都度、内容を更新していきます。

 

凍結は初めてのことで驚いています。

凍結解除のための審査を依頼しました。

20221125201527

Twitterサポートチームから登録メールアドレスにメールが来ていました。

ご利用ありがとうございます。

お客様のアカウントに関する異議申し立てを受け取りました。このメッセージに返信し、このメールアドレスが使用可能なことを確認してください。いただいた情報を確認次第、ご連絡します。

(以下は省略)

Twitter アカウント"pelicanmemo"からのツイートはしばらく出来ないかもしれません。

 

現状:

ツイッターを見ることはできています。まったく同じTLではありませんが、エゴサ含めてツイッター検索の結果も見れています。

 

原因が何であれ永久凍結という対応になったので状況は悲観的です。

中国海警局の脅威が年々高まっているときなのに、@pelicanmemoアカウントで10年以上書いてきた中国海警局や各国の沿岸警備隊に関する厖大な過去ツイートという情報資源がツイッター上から消えてしまう(かもしれない)のは残念でなりません。

個人ブログをやっててよかった。🤔

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

追記(同日23:00頃):スマホのアプリでログインしてみたら「ご利用のアカウントは永久凍結されています」と表示されて軽く絶望している。

異議申し立てをしました。

20221125225643

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

日中高級事務レベル海洋協議、第14回会議 海空連絡メカニズムのホットライン早期運用へ

日中高級事務レベル海洋協議、第14回会議が、11月22日にオンライン形式(テレビ会議)で開催された。昨年(2021年)行われた第12回(2月)・第13回(12月)に続いてオンライン形式となった。日中高級事務レベル海洋協議は2012年5月15日~16日に第1回会議が開催されてから10年がたった。

 

昨年の第13回の協議で「双方は、第14回日中高級事務レベル海洋協議を来年前半に開催することで一致」としていた。しかし6月23日に日中高級事務レベル海洋協議団長間協議が行われた後、11月にまでずれこんでしまった。ロシア連邦によるウクライナ侵略が影響しただろう。

 

11月17日の日中首脳会談での合意をうけて、海空連絡メカニズムのホットラインの早期の運用開始について肯定的に発表されたのが一番のニュースだ。

あまりニュースにされないところでは、東京電力福島第一原子力発電所におけるALPS処理水の海洋放出に関して水面下で協議が進められているように感じられる。

その他にも細かいけど重要そうなところで進展があったり停滞したりしている。

 

日中、防衛ホットライン巡り調整 海洋実務者が協議 - 産経ニュース (2022/11/22)

日中両政府、防衛ホットライン早期運用 首脳会談受け: 日本経済新聞 (2022/11/22)

日中首脳会談 海空連絡メカニズムのホットライン早期運用開始で一致 | 毎日新聞 (2022/11/18)

 

日中高級事務レベル海洋協議は局次長級で実施されていたが、第12回(2021年2月)から局長級での実施となった。日本側団長は船越健裕 外務省アジア大洋州局長、中国側団長は洪亮 外交部辺境海洋事務司長(外交部边界与海洋事务司司长)で第12回から変わっていない。

第14回日中高級事務レベル海洋協議(結果)|外務省 (令和4年11月22日)

中日举行海洋事务高级别磋商机制第十四轮磋商_中华人民共和国外交部 (2022-11-22)

日中高級事務レベル海洋協議団長間協議|外務省 (令和4年6月23日)

 

日中高級事務レベル海洋協議、第13回会議 海上保安大学校と中国海警学院との交流? - pelicanmemo (2021-12-21)

海事 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

Ads by Google

 


続きを読む

【中国海警局】 718B型「海警2204」初確認、76ミリ砲(H/PJ-26型76mm単管速射砲)を装備

20221116001504(海上保安庁第11管区海上保安本部より)

11月15日、尖閣諸島の接続水域ですでに航行していた中国海警局の船4隻(*1)が別の4隻と交代した。新たに確認された1隻が76ミリ砲を搭載しているのを海上保安庁が確認した。76ミリ砲を搭載する中国海警局の船が尖閣諸島の接続水域で確認されたのははじめて。(*1)前の4隻は海警1302、海警1102、海警1103と30mm機関砲を搭載する海警1304)

 

15日に交代した新たな4隻は「海警2502」「海警2301」「海警2102」と76mm機関砲を搭載する「海警2204」。

日本経済新聞などの記事で、中国海軍から約20隻の76mm機関砲を搭載する056型コルベット(初期型)が中国海警局に移管されたことも合わせて報じたため、この「海警2204」が056型コルベットだという勘違いもされていたようだ。

「海警2204」はもともと公安部の辺防海警部隊の頃、2016年から2017年にかけて建造され配備された公船で、056型コルベットのような中国海軍から移管された”もと軍艦”では無い。

大型機関砲を載せた中国海警船、尖閣周辺に 日中首脳会談前: 日本経済新聞

中国、76ミリ砲搭載艦を派遣 尖閣周辺、海警過去最大か | 共同通信

中国海警局の船 これまでで最大の砲を搭載 76ミリ砲か|NHK 沖縄県のニュース

20221116065623

 

実は、中国海警局に所属する船舶のうち76mm機関砲を搭載約45隻(*2)。同型船の中で「海警2502」など76mm砲を未だ搭載していない船を差し引いても約40隻ある。
(*2)国家海洋局 中国海監総隊の頃に建造・配備された、万トン級 (NATOコード:ZHAOTOU class) 2隻、5000トン級 (SHUOSHI II class) 4隻、4000トン級 (ZHAOLAI class) 4隻
公安部 辺防海警部隊の頃に建造・配備された、818型・3000トン級 (ZHAODUAN class) 6隻、718B型・2000トン級 (ZHAOJUN class) 9隻(「海警2204」はこの718B型)。
中国海軍から移管された、056型コルベット(初期型)・1500トン級 (JIANGDAO class) が約20隻
(詳細は後述)

【中国海警局】5000トン級「海警2501」、76mm機関砲を新たに装備 - pelicanmemo (2021-01-23)

【中国海警局】 中国海軍の056型コルベット、約20隻が海警局に移管か - pelicanmemo (2021-12-25)

中国海警局 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

この数日前から、尖閣諸島の北西約100kmから東シナ海を東の方角へ、76mm機関砲を搭載する「海警2501」と「海警14605」(30mm機関砲を装備)が航行していたことはほとんど話題になっていないようだ。尖閣周辺にいたのは接続水域の「海警2204」など4隻だけでなく、連携して日本政府や海保に対してプレッシャーをかけていたと考えられる。

20221116063427(MarineTrafficより(記録は11/12))

Ads by Google

 


続きを読む