pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】 3000トン級「海警1307」、尖閣沖で初確認 北海分局の3隻目の3000トン級

20181007075334(中国船舶报より)

海上保安庁、第11管区海上保安本部によると、10月07日に沖縄県の尖閣諸島の接続水域を「海警2305」「海警2401」「海警1307」「海警31240」の4隻が航行した。「海警1307」がはじめて確認された。

10日に接続水域から退去し大陸沿岸に戻っていたが、14日にふたたび接続水域で確認された。

 

7月1日に武警・海警総隊(中国海警局)となってから、「海警1305」「海警1306」、「海警1401」、そして「海警1307」と、連続して北海分局の船が確認されている。"漁政"所属の船も絡まない場合が出てきた。対応が変化している。

<尖閣情勢>10月9日、中国海警4隻が日本の接続水域内を航行中 - FNN.jpプライムオンライン

<尖閣情勢>10月10日、中国海警が日本の接続水域を退去 7日~8日には向日紅10号を確認 - FNN.jpプライムオンライン

Ads by Google

 


続きを読む

アフリカ豚コレラ、ベルギー南部で発生 軍キャンプでの外国軍との訓練でウイルス拡散か?

ロシア西部や東ヨーロッパで発生が拡大しているアフリカ豚コレラ。8月には中国国内での発生が確認、9月には東欧の発生地域から1000km以上も離れたベルギーで、突然の発生がありました。

中国の税関当局は10月8日、ベルギーでアフリカ豚コレラが発生したことをうけて、豚・イノシシおよび加工品の輸入を禁止したと発表しました。
このニュースで、はじめて、ベルギーでアフリカ豚コレラ(ASF)が発生していたことを知った方もおられるのではないでしょうか。

中国は、ベルギーでアフリカ豚コレラが発生したことから、同国からの豚、野生イノシシおよび関連製品の輸入を禁止した(訂正)。また、日本で豚コレラが発生したことから、同様に豚、野生イノシシ、関連製品の輸入を禁止した。中国税関当局が9日に明らかにした。
(赤字強調は管理人による)

訂正:中国、日本から豚などの輸入禁止 豚コレラ発生で | ロイター

(ロイターの記事では当初、日本とベルギーで"アフリカ豚コレラ"、という間違った表現をしていましたが誤報です。すぐに、日本語版記事、英語版記事ともに訂正されました(ただし転載記事で古いままの記事は未だに残っている))

 

ベルギー南部で発生したのは「アフリカ豚コレラ (African Swine Fever (ASF))」。
日本の岐阜市で発生したのは「豚コレラ (Classical Swine Fever (CSF)、古典的豚コレラ)」。
豚やイノシシの感染症で、症状が似ているために似た名前が付けられましたが、ワクチンの有無など違いがあり、ウイルスが違う別の感染症なので、注意が必要です。どちらも、ヒトに感染したという報告はありません。

 

9月14日、ベルギー南部のワロン地域、ルクセンブルグ大公国やフランスとの国境に近い地域で、野生のイノシシからアフリカ豚コレラのウイルスが確認されました。

「ついにベルギーにまでアフリカ豚コレラが!」「ヨーロッパで蔓延」というコメントも見かけましたが、これも勘違いです。もっとも近いポーランドの発生地域から1000キロメートル以上も離れていて、突然に、ベルギー南部の比較的に狭い地域でだけ発生しました。

 

アフリカ豚コレラ(ASF)のウイルスが、ベルギー南部で出現した原因について、人の社会活動によるウイルスの流入の可能性が高いとして、いくつかの仮説がささやかれています。

10月になって新たに、3つ目の、ベルギー南部の軍キャンプで行われた外国の軍事訓練がウイルス流入の原因ではないか?と、現地のニュースを賑わせています。これについて少し。 

アフリカ豚コレラについて:農林水産省

 

Ads by Google

 


続きを読む

中国、国家海洋局の 10m型 海洋ブイとは | 3000トン級 海洋ブイ作業船「向陽紅22」進水

20181005055937(国家海洋局より)(このタイプか?)

沖縄県の尖閣諸島周辺の、日本の排他的経済水域(EEZ)内に、中国がブイを設置したとNHKほかが報道した。

海上保安庁によると、ブイが設置されたのは尖閣諸島から北西約80kmの海域。ブイは黄色で、高さ、直径とも約10m。「国家海洋局」と書かれ、アンテナが取り付けられている。日本のEEZ内で、中国の大型ブイが確認、発表されたのは2016年以来だそうだ。

尖閣諸島周辺にブイ設置 中国側に抗議 官房長官 - NHKニュース 
日本のEEZ内で中国の新たなブイ 軍事目的でも収集か - 産経ニュース
中国が尖閣諸島付近にブイ設置 日本政府が抗議 - 朝日新聞デジタル

 

中国の、直径と高さが10mの黄色い海洋ブイというと、自然資源部(国家海洋局)や中国科学院、ほかが使用している 10m型錨泊式大型海洋ブイかもしれない。(以下、今回のニュースは、このタイプだとして話を進めていきます)

 

海洋ブイには設置型と漂泊型がある。中国の標準的な海洋ブイシステムのうち、錨で設置するタイプ(錨泊式)には10m型、6m型と3m型がある(中国科学院海洋研究所は、新たに15m型三点錨泊大型智能海洋ブイの研究開発をしている)
10m型大型海洋ブイは鋼鉄製で、一点錨泊式。尖塔の上にGPSと、気温・気圧・風速・風向、等、各種の海洋気象観測のためのセンサーを搭載でき、係留ワイヤにも水深ごとに、水温、塩分濃度、濁度、等のセンサーを設置できる。海洋気象科学や、台風等の災害の予報で活用され、南シナ海では津波予報警戒システムでも使用されている(東シナ海には同レベルの津波予警システムは未だ無いようだ)

軍事目的での専用ブイや、間借りしてのセンサー設置、あるいはデータの軍事利用があっても不思議はないと思うが、そういう発表や報道はされないだろう。

近年のトピックスは、東シナ海で炎上・沈没したパナマ籍のイランのタンカー「Sanchi」号の事故の際に、臨時で、沿岸海域に、海洋と大気の汚染調査のため設置されていた。 

 

Ads by Google

 


続きを読む

インターポール(ICPO)の孟宏偉総裁が行方不明に 中国へ一時帰国後、拘束か? | 中国海警局の初代局長

国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)(本部、フランス(リヨン))の孟宏偉総裁が、中国へ一時帰国した後に、リヨン在住の夫人が連絡が取れなくなり、通報によって、リヨンの検察当局が捜査を始めたそうだ。仏Europa1、香港SCMP、ほかが伝えた。

ーー(追記:10/08)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国共産党中央規律検査委員会・中華人民共和国国家監察委員会は、10月7日深夜、「違法行為を犯した疑いで取り調べが行われている」と発表した。

公安部副部长孟宏伟涉嫌违法接受国家监委监察调查 - 中央纪委国家监委网站

ICPOは、18日未明、公式ツイッターで、孟宏偉総裁の辞意の表明を受けたと発表した。
副総裁の1人の韓国のキム・ジョンヤン(KIM Jong Yang, 김종양 , 金鍾陽)副総裁(任期2015-2018)が総裁代行に就き、11月のUAE(ドバイ)での総会で新総裁が選出される。

INTERPOL on Twitter: "Statement by the INTERPOL General Secretariat on the resignation of Meng Hongwei.… "

ICPO執行委員会(2018年3月末現在) - 警視庁

ーー(追記ここまで)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

孟宏偉(孟宏伟 (Meng Hongwei))は、中国の公安部の副部長(正部級)、副総警監警銜。2016年11月にインターポールの総裁に、中国人としてはじめて選出された。

2013年から2017年12月まで、中国海警局の局長(初代)・国家海洋局副局長を兼任していた。公安部の党組委員だったが、今年4月に外されている。

香港の英語日刊紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は情報筋の話として、孟氏が中国当局から取り調べを受けていると伝えた。孟氏は「中国に到着してすぐに連れ去られた」という。取り調べの内容や孟氏の所在は不明。

ICPO中国人総裁が行方不明=一時帰国後、取り調べか:時事ドットコム 

孟宏偉は数日前に、ストックホルムから中国への航空便で帰国した。夫人によると、最近、ソーシャル・ネットワークと電話で脅迫を受けていたとも伝えられている。

Quelques jours plus tôt, selon des sources concordantes, il avait rejoint la Chine en avion depuis Stockholm. «Mme Meng indiquait également avoir récemment reçu des menaces via les réseaux sociaux et par téléphone», a ajouté le ministère.
(赤字強調は管理人による)

Le président chinois d'Interpol porté disparu, la France «préoccupée» - Le figaro

(追記10/8:夫人のSNSアカウントに、25日午後12時すぎに、孟宏偉のアカウントから刃物のイラストが送られた。危険を示すものだそうだ。これの事かもしれない。(Agence France-Presse on Twitter))

インターポール(国際刑事警察機構)の新総裁に中国公安部の孟宏偉副部長 中国海警局局長、国家海洋局副局長など兼任 - pelicanmemo (2016-11-11)

 

Ads by Google

 


続きを読む

メキシコで、海軍の災害救助犬 フリーダたちの切手が発行 #19S 🇲🇽🐶

メキシコ郵便は、海軍省の災害救助犬たち、フリーダ、エビルとエコーの切手を発行しました。

 

メキシコ海軍省の災害救助犬の "フリーダ (Frida)、エビル(Evil), エコー(Ecko) 達は、2017年9月19日に起こった中部メキシコのM7.1の地震の時、首都メキシコ・シティのビル倒壊現場での捜索活躍が話題となり、いまでも人気者です。

1年前、世界的にも紹介されていて、日本で付いた"マリーナちゃん (Marina-chan)"の愛称は、ツイッター・SNSを通してメキシコへも伝わって、ネットだけでなくメキシコ・メディアでも好意的に広まっていました。

 

#メキシコ地震 | 海軍の救助犬フリーダが大人気、日本でマリーナと呼ばれる → メキシコで #MarinaChan かわいいと話題に - pelicanmemo (2017-09-24)

  

メキシコ郵政事業体 (SEPOMEX (El Servicio Postal Mexicano - Correos de México)) 発行の、海軍省 (SEMAR (Secretaria de Marina - Armada de México)) の災害救助犬たちの切手セットは、全国の郵便局で発売されるそうです。

 

Ads by Google

 


続きを読む