pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

ソメイヨシノ韓国起源説、ゲノム解析によって否定。 その後の、韓国の報道は?

20170403190939
(日本・国立研究開発法人森林総合研究所・日本のソメイヨシノ)

春、暖かくなり、ソメイヨシノの開花予想も発表されました。

台湾や中国、韓国のニュースでも、花見の名所の情報や桜祭りのスケジュールなど、にぎやかになっています。

この時期になると思い出すのが、韓国で盛んに喧伝されていた「ソメイヨシノは韓国の済州島起源説」。

 

昨年(2018年)9月、韓国の研究チームがゲノム解析の結果を発表し、日本のソメイヨシノや日本から米国のワシントンDCに移植されたソメイヨシノと、韓国の済州島に自生する王桜(왕벚나무)は、異なる種であることが確認されました。

もっとも、これって、日本の研究者によって研究されていて、これまでに何度も、異なる種だと発表されてきたことなんですけどね。😐

その後、韓国の報道はどうなったのか? これについて少し。

日本のソメイヨシノの起源は済州(チェジュ)にあるという主張が提起されてきたが、ゲノム分析を通じて日本のソメイヨシノと済州の「ワンボンナム(王桜)」は異なる種であることが確認された。これを受け、110年間続いてきた論争はやや呆気なく終止符を打つことになった。

(赤字強調は管理人による)

済州か日本か…ソメイヨシノ起源めぐる110年論争に終止符 | 中央日報

 

ひとことで書くと、あれほど盛んに「ソメイヨシノは済州島に自生している王桜と同じ種だ」「日本のソメイヨシノは韓国が起源だ」「日本がー...」と喧伝していた論調は、見かけなくなりました。

しかし、長年続けてきた、間違いを正しい歴史として煽り続けてきた報道を、自ら反省するような論調はいまのところ見かけていません。(*1)

(当ブログ管理人、この日本のソメイヨシノの韓国起源"珍"説について、いいかげんな韓国メディアの記事や評論文を多く見てきたので、不快感を隠そうとは思いません。(中には、比較的に適切な論調の記事もあったが))(*2)

Ads by Google

 


続きを読む

【H7N9鳥インフル】 中国のH7N9鳥インフルエンザ、どこいった?(1年ぶり・2回目)

20190307060855
(FAO H7N9 situation update (2019-03-06))

3月6日、FAO(国連食糧農業機関)から、中国のH7N9鳥インフルエンザのアップデート情報が発表された。2018年10月1日からの今シーズン(第7期)は、家禽・環境サンプルもヒト感染例は報告されていない。

動向をチェックしている、多くの人が感じていることだろう。

 

「H7N9、どこいった?」🤔 (1年ぶり・2回目)

 

【H7N9鳥インフル】 中国のH7N9鳥インフルエンザ、どこいった? - pelicanmemo (2018年02月09日)

 

これは良いニュースだ。しかし、この状況は突然に変わるかもしれない。 

 

鳥インフルエンザのウイルスが地球上から無くなったわけではない。ウイルスの変異も起きている。

2013年2月以降、2019年2月末までの、A/H7N9鳥インフルエンザのヒト感染例は1567人、死亡615人。致死率は39.2%と非常に高い。高病原性H7N9も確認されている。

ヒトが感染すると、数日で肺炎になり重症化することが分かっている。早期の診断と治療が重要であり、特に糖尿病など既往症がある患者の場合、予後不良となりやすい。

【H7N9鳥インフル】世界的な流行のリスク、もっとも高い。 新型インフルエンザ - pelicanmemo(2018-05-09)

H7N9鳥インフル カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

Ads by Google

 


続きを読む

国家海洋局 東海分局、公式サイトのURL変更のお知らせ

20190305194402国家海洋局东海分局
中国、自然資源部(国家海洋局)の東海分局の公式サイトが、2019年1月2日から新しいアドレス(URL)に変わった。

しばらくは古いURLでも閲覧は出来ていたが、ついにアクセスが出来なくなった。

旧:www.eastsea.gov.cn
新:ecs.mnr.gov.cn

ブックマークをしている場合は、ご注意ください。

 

東海分局は、東シナ海と黄海南部の海域を管轄する。
"ecs" は "East China Sea"(东海(東シナ海))
"mnr" は "Ministry of Natural Resources"(自然資源部)をあらわす。
(注意:DNSサーバーの問題かなにかで、新しいURLのサイトにアクセス出来ない時もあるようです)

 

Ads by Google

 


続きを読む

「中国の深海探査 - China's Underwater Hunt」アル・ジャジーラ  「蛟竜」号の母船に同乗、密着インタビュー

20190223104347(via. YouTube)

中国の7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号。

カタールのアル・ジャジーラ (Al Jazeera)の記者が、「蛟竜」号の支援母船「向陽紅09」の調査航海に同行、パイロット訓練生や海洋生物学者、メイン・パイロットなどにインタビューをして、生の声を伝えました。

中国初めての女性潜水艇パイロット訓練生(当時)2人のうち1人、張奕(张奕)(Zhang Yi)さんのインタビューが多い。

 

番組はアルジャジーラTV、アジア・太平洋の話題を伝える番組「101 East」の、2月14日に放送の「China's Underwater Hunt」。Rachael Thornton 記者。

中国の官製番組ではない、蛟竜号と向陽紅09、深海探査の現場の映像、生の声が放送されたのは初めてじゃなかろうか?

はじめて見た映像もたくさん。画質も良い。

興味ある方は、(あまり興味のない方も)、必見の番組です。😊

 

番組動画25分。(英語(一部、英語字幕あり)

🇨🇳 China’s Underwater Hunt | 101 East - Al Jazeera English - YouTube

China's Underwater Hunt - Al Jazeera (14 Feb 2019)

101 East - Al Jazeera English

Ads by Google

 


続きを読む

中国、7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号、改修と技術的アップグレード中

20190214055648国家深海基地管理中心

中国の7000m有人深海潜水艇「蛟竜」号、2009年の初潜航から約10年、通算潜航回数100回を越え、大規模なメンテナンスと修理、技術的アップグレードのための工事(蛟龙号载人潜水器大修)が行われている。
すでに、次の水中試験にうつれる条件は整っているそうだ。

 

「蛟竜」号の新しい支援母船「深海一号」も、進水後の艤装工事が順調に行われており、計画では今年5月に引き渡される。

今年7月、マリアナ海溝の海域で、改修・アップグレードした「蛟竜」号の潜航試験を行う予定だ。2020年には、世界一周する調査航海が計画されている。


20181212193603长江云

蛟龙号大修即将转入水池试验阶段 - 中国海洋报

蛟龙号载人潜水器大修与技术升级转段工作会在青岛召开 - 国家深海基地管理中心

蛟龙号载人潜水器大修与技术升级转段业已完成 即将转入水池试验阶段 - 央视网

蛟龙号母船“深海一号”计划今年5月底交付 - 中国海洋报

“蛟龙”号预计7月乘新母船重返马里亚纳海沟 - 中国科技网

 

中国、7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号、5年間の試験性応用段階が終了 事業化運用へ - pelicanmemo (2017-06-26)

中国、7000m級有人深海潜水艇「蛟竜」号 新母船「深海一号」進水 - pelicanmemo (2018-12-13)

深海 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

Ads by Google

 


続きを読む