pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【アフリカ豚熱】羽田空港で、手荷物の中のソーセージからウイルスを検出 7か月ぶり 【ASF, アフリカ豚コレラ】

20200916121819 
動物検疫所ホームページ

農林水産省 動物検疫所は9月9日、フィリピンのマニラ発・羽田空港着のフライトで発見されたソーセージ(2.2kg)からアフリカ豚熱(ASF(旧称:アフリカ豚コレラ))のウイルスを検出したと発表した。通算89例目。検疫探知犬が見つけた。

ひとつ前の88例目の発表は2月21日(到着は2月8日)で、約7か月ぶりとなる。

 

新型コロナウイルスの感染拡大による旅行需要が急減したことと、気軽に来日が出来なくなったため、渡航者の数以上に、肉製品を手荷物に入れて持ち込む行動自体が減っていたのだろう。

 

20200916121810
 ASFウイルス遺伝子検査陽性事例(PDF : 481KB)

 

その一方で、国際郵便や宅配便による国内持ち込みは増えているのかもしれない。気になるところだ。

ついこの前、中国からの”謎の種子”が国際郵便・宅配便で送られる事件がニュースになった。アレも本来なら植物検疫の対象だが、内容物をアクセサリ類などとしていたおり検疫は通らず、すり抜けてしまっていた。

肉製品などのおみやげについて(手荷物、国際郵便、宅配便としての持ち込み):動物検疫所

家畜伝染病予防法が改正され、2020年7月1日から、

  1. これまで最高100万円の罰金が、最高300万円に引き上げられました。
  2. 肉製品などの畜産物を違法に持ち込んだ場合、300万円以下(法人の場合5000万円以下)の罰金又は3年以下の懲役が科せられます
  3. 動物検疫所の職員は、...
    (以下、省略。赤字強調は管理人による)

 

中秋節のおみやげ「月餅」に注意 豚由来の原材料を使ったもの | 罰金、数万円〜、70万円の可能性も - pelicanmemo (2019-09-07)

アフリカ豚熱(アフリカ豚コレラ)カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

Ads by Google

 


続きを読む

モーリシャス島、貨物船「WAKASHIO」座礁 船の電子海図が間違っていた? パナマ海事庁

20200819191650

インド洋のアフリカに近い島国モーリシャスで、ばら積み貨物船「MV WAKASHIO」が、7月25日夜(現地時間)にサンゴ裾礁で座礁した。その後、8月6日に燃料の重油が大量に流出していることが確認された。

9月7日、ばら積み貨物船「WAKASHIO」の船籍国であるパナマの海事庁(AMP)が、これまでの調査の結果を明らかにした。それを読むと、座礁に到った原因には複数の要因があったことが分かる。

 

日本語ネットSNSのコメントを見ると、次の2つが混同されがちのようだ。整理もしてみよう。

 1.座礁する約5日前の針路の変更は、なぜ行われたのか?

 2.座礁するまで、なぜ速度を落とすなど回避行動をしなかったのか?

現地メディアの報道を見ていると、海事関係者の話として、もしも仮に携帯端末(スマホなど)で電話やネット接続をしようとしたとしても「座礁するほど島へ近付く必要は無い」という声を見かける。
当アカウントの中の人もとても疑問に感じている。座礁するほど近付く必要は無い。

 

パナマ海事庁(AMP)による報告の中で、「WAKASHIO」船長は乗組員の誕生日に家族と話が出来るように考えてモーリシャス島から5マイル(約8km)を航行するよう指示を出した事が書かれるとともに、「WAKASHIO」の電子海図の間違いも示唆されている。
(注:日本メディアの報道と食い違っている事を指摘しています。詳細は後述)

 

この”電子海図の間違い”という情報について、モーリシャスのメディアや、英語圏の海事ニュースサイトが報じている。

さらに、モーリシャスの地元メディア Le Mauricien紙は9月13日付の記事で、ばら積み貨物船「WAKASHIO」の用船主である商船三井のCEO(代表取締役社長 池田潤一郎)が「船は間違った海図を使用していた」と述べたと報道した。

週末、Mitsui OSK Lines(商船三井)のCEOは記者会見で、海上航行の分野におけるこの重大な違反の責任を完全に引き受けました。彼は、「パナマ海事局の報告書で概説されているように、船は間違った海図を使用していた」と確認した。
(Google訳(括弧部分を補足)

En fin de semaine, le CEO de Mitsui OSK Lines, intervenant lors d’un point de presse, assumait entièrement la responsabilité de ce manquement grave dans le domaine de la navigation maritime. Il a confirmé que “the ship was using the wrong nautical charts just as outlined in the Panama Maritime Authority report.” (赤字強調は管理人による)

NAUFRAGE DU WAKASHIO — REBONDISSEMENTS : Vagues et écueils pour la 12e semaine - Le Mauricien (2020/09/13)

この、商船三井CEOの発言を伝えたのは、いまのところ(記事公開時点) Le Mauricien紙だけだし、本文はフランス語で発言の引用部分は英語なので、どこかの翻訳間違いや、記者の期待感からの勘違いの可能性を否定はできない。(日本メディアの記事でもときどき目にするはなしだ。😑)続報待ち。

 

しかし、パナマ海事庁(AMP)が発表した報告の中の”電子海図の間違い”という部分は、日本語メディアの記事では見かけない情報だ。

NHKは「電子化された海図などの扱い方に問題があり」という表現を使っている。

モーリシャス事故 電子海図の扱い方に問題か パナマ海運当局 | NHKニュース (2020年9月11日)

日本テレビ等の記事では、乗組員による航行の安全監視が不十分だった部分と合わせて、船長ら乗組員が何らかの理由で「正しい電子海図を見間違えた」とも受け取れる報道がされている。

モーリシャス沖で座礁 海図見間違えたか?|日テレNEWS24(2020年9月11日)

 

違和感を感じている。ので、コレについて少し。

 

Ads by Google

 


続きを読む

【アフリカ豚熱】 ドイツ、ブランデンブルク州で、イノシシの死骸から初めて確認 ポーランドから越境か?【ASF, アフリカ豚コレラ】

 20200916195730
(ポーランドのASF発生地点のデータ。獣医監査局(Główny Inspektorat Weterynarii)より)

9月10日、ドイツのブランデンブルク州で、ポーランドとの国境の近くで発見されたイノシシの死骸からアフリカ豚熱(ASF)(*1)が確認された。ドイツでのASFの発生ははじめて。

(修正追記9/16:地図の初確認の場所が少し南にズレていたので修正しました。前の地図よりも20数km北の地区 (Ortsteil Sembten(Schenkendöbern))だった

 

アフリカ豚熱(ASF(旧称:アフリカ豚コレラ))は、ドイツのブランデンブルク州(Land Brandenburg)の南東の端に位置するシュプレー=ナイセ(Spree-Neiße)郡の、ドイツ・ポーランド国境から数kmで発見されたイノシシの死骸で確認された。

その国境を挟んだポーランド側のルブシュ県(Województwo lubuskie)では、2019年11月にはじめて”飛び地”的にASFが発生している。ASF感染したイノシシが、国境の川を渡ってドイツに移動して死んだのかもしれない。

 

これから、ドイツ国内で続けてイノシシでの感染例が発見されるかどうか?、と、政府当局とブランデンブルク州政府による迅速なウイルスの”封じ込め”対策が出来るかどうか?、がドイツ国内での感染拡大を防ぐ上で重要となる。 

(追記9/16:新たに5頭のイノシシでASF陽性が確認された。ノイツェレ地区(Gemeinde Neuzelle)の集落の近く。コアゾーン(半径3km)の外で、警戒地域の中。)

 

(*1)ドイツ語で、”アフリカ豚熱(ASF)”は"Afrikanische Schweinepest (ASP)"(直訳:アフリカ豚ペスト)。"Schweinepest"(直訳:豚ペスト)と略した表現も使われる。

ドイツで初 伝染病のアフリカ豚熱 野生のイノシシで感染確認 | NHKニュース

Spree-Neiße-Kreis: Verdacht auf Schweinepest in Brandenburg - WELT

Schweinepest: Verdacht im Spree-Neiße-Kreis in Brandenburg - DER SPIEGEL

 

【アフリカ豚コレラ】 ポーランド西部で発生 ドイツ国境からわずか12km(更新 02/01) - pelicanmemo (2019-12-06)

アフリカ豚熱(アフリカ豚コレラ) - pelicanmemo

 

 

Ads by Google

 


続きを読む

月刊「軍事研究」2020年9月号:「中国海警局の1万トン級」と呼ばれる”キメラ”情報

月刊『軍事研究』誌の2020年9月号の、記事『人民解放軍の手先となった「中国海警」 尖閣海域で連日、日本漁船に煽り行為 武装警察部隊に編入、解放軍の「第二海軍」と見られるようになった中国海警』著者:田中三郎(106〜117頁)の中で、当ブログ管理人が日本語を追加して作成して2016年6月2月のブログ記事で公開した画像が、無断で転載をされた。

月刊『軍事研究』誌の編集部から、ツイッターにて、無断で掲載したことの確認と謝罪をいただいた。(検証等、詳しくは記事末尾に記録した)

Japan Military Review「軍事研究」

 

この月刊『軍事研究』誌の2020年9月号の記事『人民解放軍の手先となった「中国海警」(以下略)」を読んでみると、ネットで流れている”噂”を検証せずにまとめた感じで、書き間違いや古い情報が散見される。

これについて少し。

ネットSNSだけでなく専門雑誌の記事でも「中国海警局の1万トン級」と呼ばれる船について、充分に検証されていない”噂”がさも正しい情報のように、まことしやかに使われている。近頃は、別組織である海事局の「1万トン級(建造中)」の情報が混じってキメラ化している。

 

 

まず、この月刊『軍事研究』誌の記事『人民解放軍の手先となった「中国海警」(以下略)(著者:田中三郎)」は、”中国海警局の満載排水量12000トンと言われる「海警2901」と「海警3901」”と書いているところで、情報が古い。

南シナ海で繰り返されているベトナムと中国との海上での軋轢や衝突、中国の海洋調査船のニュースを見聞きしていれば気付く事だと思うが…、「海警3901」は1年も前に船名(番号)が「海警5901」に変わった。

情報が1年古い。

それでも最初は、「海警3901」の船名の方が読者に馴染んでいるだろうから「わざと3901を使ったのだろうか…?」と好意的に考えようとしていたんですよ。しかし114ページで次のように書いてあって、著者は本気で「海警3901」の船名(番号)が変わったことを知らないようだ。

なお一万トン級の「海警2901」及び「海警3901」は付与された艦番号からそれぞれ東海分局(舟山保障基地)、南海分局(広州保障基地)に配置されていると見られる。(p.114)(*1)

「海警5901(もと海警3901)」は付与された船名(番号)から、広東省広州市ではなく、直属第五局(海南省三亜市)に配置されていると考えられる。

(*1) 雑誌の縦書きの文章とブログの横書きの文章との読みやすさの違いから、雑誌記事から引用した文章のうち、数字を漢数字から算用数字にしている場合がある。以下同じ) 

 

中国海警局 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

Ads by Google

 


続きを読む

中国空軍のSu-35戦闘機が、台湾に撃墜されて墜落?→フェイク・ニュース。 インドのTVニュースが原因か

20200904200644
twitterより)(साउथ चाइना सी पर मंडरा रहा था चीनी फाइटर जेट, ताइवान ने मार गिराया(南シナ海を飛行する中国の戦闘機、台湾が撃墜 #南シナ海 #台湾 #第三次世界大戦)

 

9月4日の夕方頃からツイッターSNSで、中国・人民解放軍空軍のスホーイ-35(Su-35、蘇-35(苏-35))戦闘機が、台湾の防空システムによって撃墜されたという情報と動画が広まった。
台湾や香港のメディアやジャーナリストは報じていなかったが、日本語のツイッターでは一部の英語ツイートが翻訳されて拡散されていた。

すでに終わったネタだと思うけど、これについて少し。

 

香港のRTHK(香港電台)は、台湾空軍司令部が事実では無い「フェイク・ニュース」と強調したと報道した。

台灣空軍司令部強調,網絡上有心人刻意製造、傳播不實假訊息,企圖混淆視聽;又表示,空軍對於台海周邊海、空域狀況,持續採取嚴密監控,並適時提供正確資訊,防止假消息流傳,避免造成社會不安,籲請民眾放心。

網傳大陸戰機被台灣擊落 台空軍駁斥假信息 - RTHK

中国の環球網も、台湾空軍司令部が「フェイク・ニュース」と述べた事を報じた。

台军方:“击落解放军战机”是假新闻 完全不是事实!|苏35|台军|台湾

被传“击落解放军军机”,台军怒了!  - 环球网

 

どうやら、インドのテレビのニュース番組が、中国の南部、広西チワン自治区の桂林市で発生した墜落事故?の映像を使って、「台湾が中国の戦闘機を撃墜した!」と伝えた”フェイク・ニュース”が震源地らしい。

インドのSNSで、たちの悪いウイルスのように感染拡大し、英語に訳されて伝播して、日本国内(日本語圏)へも安易に輸入されたようだ。

(追記9/5:台湾の国防部が公式に、フェイク・ニュースであると明確にした。インドの軍事系ニュース”Defence Aviation Post”がFacebookで公開した”速報”がデマ元と、台湾メディアが伝えた。(記事後半に詳しく追記)

 

インドと中国は、インド北部のラダック地方の係争地で駐留部隊同士の衝突が続いている。双方の挑発が続いているようだ。

インド国内では中国製品のボイコットや、セキュリティ懸念からのモバイル・アプリの禁止するなど、両国の間の緊張がエスカレートしている。国内の反中意識を高める意図があったり、その余波で、中共と対立している外国を持ち出す形でのプロパガンダかもしれない。迷惑な話だ。

インド軍、「中国の軍事挑発阻止」 パンゴン湖周辺、緊張続く:時事ドットコム(2020年08月31日)

インド政府、中国製アプリの取り締まり強化--新たに118種類を禁止に - CNET Japan (2020年09月03日)

インドと中国、外相が互いに抗議 係争地での衝突めぐり - BBCニュース (2020年6月18日)

  

「中国の戦闘機が南シナ海の上を飛行、台湾が撃墜した」

Chinese fighter jet hovering over South China Sea, Taiwan shot down
Taiwan has given a rude shock to China showing arrogance to neighboring countries.   A China Fighter Jet has been shot down towards Taiwan.
(Google translate) 

साउथ चाइना सी पर मंडरा रहा था चीनी फाइटर जेट, ताइवान ने मार गिराया
पड़ोसी देशों पर हेकड़ी दिखानेवाले चीन को ताइवान ने करारा झटका दिया है. ताइवान (Taiwan) की तरफ चीन के एक फाइटर जेट (China Fighter Jet) को मार गिराया गया है.

China Fighter Jet Su Kai 35 Down By Taiwan over South China Sea

 

Ads by Google

 


続きを読む