pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【中国海警局】 人民武装警察部隊 海警総隊、創設

20180621193245 引力资讯より)

中国、第13期全人代常務委員会第3回会議が19日から開催され、人民武装警察部隊の王寧(王宁)司令官が、中国海警局が履行する海上での権益維持と法執行の職権の決定(草案)について、中央軍事委員会から依託されて説明を行った。

 

党中央が批准した「深化党和国家机构改革方案」他によって、海警部隊は人民武装警察部隊に編入された。中国人民武装警察部隊海警総隊を創設し、対外的に中国海警局と呼ばれる。海上での権益維持と法執行活動を統一的に実行し、公安機関や関連する行政機関の法執行の職権を行使する。
現在、海警部隊改革は、党中央と中央軍事委によって全面的に推進され、進行中だそうだ。

王宁说,为了贯彻落实习主席关于有效维护海洋权益的重要指示,根据党的十九大和十九届三中全会精神,按照党中央批准的《深化党和国家机构改革方案》《武警部队改革实施方案》和《海警队伍转隶武警部队实施方案》,海警队伍转隶武警部队,调整组建中国人民武装警察部队海警总队,对外称中国海警局,统一履行海上维权执法职责,行使公安机关、有关行政机关的相应执法职权。当前,海警队伍改革正在按照党中央和中央军委部署全面推进。

 

Ads by Google

 


続きを読む

話題の コロンビア, #FuckJapan , #Fucksushi , 寿司について調べてみた。|サッカー #ワールドカップ #WorldCup コロンビア vs 日本

20180621125342
サッカー、ワールドカップ、ロシア大会(2018)。

「コロンビア vs. 日本」戦(6月19日夜(日本時間))、勝ちました!!! 盛り上がりました! やったー!!!

 

ところが試合後に、ちょっと良くない内容の、気になるネット・SNSのニュースをいくつか見かけています。
その中に、コロンビア人といわれるアカウントの、試合後の1つのツイートで、盛り上がっているものがありました。Togetterでもまとめられています。

ワールドカップで日本に負けたコロンビアのTwitter「F○ck sushi forever」←日本人からハイレベルなクソリプ続々殺到「時すでにお寿司」 - Togetter

 

ところが、コロンビアの主要言語であるスペイン語で調べてみると、まったく見かけないのですよ。

英語と日本語だけの、いわゆる「クソリプ」で盛り上がっているだけで、実のところ、コロンビアの人たちには関係がないのではないでしょうか?

 

Ads by Google

 


続きを読む

HTTPS化|はてなブログ、カスタマイズ

pelicanmemo "はてなブログ"を、HTTP配信に変更しました。

 

変更した後に、変な表示トラブルが起きたら、原因の調査と修正と試行錯誤が大変そうだったので、「一発合格」を目指して、ちまちま、ちまちま、チマチマ、チマチマチマチマチマチ...と検索と一括置換を繰り返して終了しました。

苦節三年(ちょっとウソ、3ヶ月くらい)、HTTPS配信に変更しました。

 

いまのところ、表示のトラブルや、混在コンテンツ(Mixed Content)の問題は起きていないようです。☺️

pelicanmemo.hatenablog.com

 

Ads by Google

 


続きを読む

韓国、釜山で、北太平洋海上保安フォーラム(2018)の多国間訓練 | 下関〜釜山の国際フェリーで海上テロ(想定)

20180608054443(via. NEWSIS)

6月4日から8日、韓国、釜山市で北太平洋海上保安フォーラム(NPCGF) の多国間多目的訓練(MMEX)が行われた。

同訓練は、日本、カナダ、 中国、韓国、ロシア及び米国の6カ国の海上保安機関が一堂に会し、各国間の連携・協力をより実践的なものとするため、 2008年から毎年1回、各国持ち回りで実施している。今回で第11回目。韓国の海洋警察庁が主催した。

今回は特に、インドの沿岸警備隊の代表団が参観国として参加している。

  

7日に、釜山市の海雲台沖で行われた海上訓練では、韓国と日本、中国、ロシアから船艇9隻(韓国6、日本1、中国1、ロシア1)、高速艇11隻(韓国7、日本1、中国2、ロシア1)、ヘリ・航空機5機(韓国6、日本1、ロシア1)、テロ鎮圧部隊21人(韓国10、中国7、ロシア4)が参加(米国とカナダは自国の事情により、代表団の参加だけだった)。

今回の海上訓練は、日本の下関と韓国の釜山との間で運行している国際旅客船(関釜フェリー?☺️)が、テロリストにシージャックされた、という想定で行われた。

 

Ads by Google

 


続きを読む

"淡水サーモン"、中国の国産サーモンの3分の1は養殖ニジマス。 生食に寄生虫リスク?

中国、国産"サーモン"の3分の1は、内陸の青海省の高原で養殖されている「淡水サーモン」で、実はサーモン(鮭)ではなくニジマス(虹鱒)だと報道され、いろいろと話題になっています。これまで、"サーモン(鮭)"の刺し身だと思って生で食べていたけれども、実は川魚のニジマスだったと分かって寄生虫が心配されていました。

ネットやメディアで大きく話題になったため、誤解だと火消しに回った養殖業者やメディアの対応がグダグダで、そこでまたB級中国ぽい炎上をしています。

これについて少し。

 

事の発端は、中国中央電視台(CCTV)のビジネス・チャンネル "央視財経"による、青海省の地方産業の紹介ニュース。青海省の竜羊峡(龙羊峡)では"淡水サーモン"の養殖が盛んになっています。
「標高2600mの高原でサーモン生産。チベット高原で、国内市場の3分の1を養殖!(意訳)(万万没想到,2600米高原产出三文鱼!更令人震惊的是→青藏高原“承包”了国内1/3的市场)

ところがそこから、内陸の青海省で回遊魚のサーモン(鮭)の養殖が出来るのか?、ニジマスをサーモン(鮭)と偽装しているんじゃないか?、川魚のニジマスを生で食べると寄生虫のリスクがあるぞ。
・・・とまあ、こんな感じ。 

Ads by Google

 


続きを読む