読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。|メモノメモ新館

【中国海警局】 尖閣周辺海域に5000トン級2隻 「海警2501」「海警2506」

20150802063430

新华网上海频道

尖閣諸島の接続水域を航行していた中国海警局の公船3隻が12月1日に接続水域を離れ、代わりに別の海警船が確認された。交代した。

第11管区海上保安本部によると、新たに接続水域に入ったのは、新型の5000トン級「海警2501」と、同じく5000トン級の「海警2506」。

5000トン級2隻が揃ってやってきた。 

 

接続水域を出たのは「海警2101」「海警2149」、「海警2401」新たな2隻は「海警2501」「海警2506」。領海に近づかないよう巡視船が警告している。

尖閣周辺の中国船交代 3日連続航行(12/2|八重山日報)

続いて1000トン級「海警2113」も確認された。

尖閣周辺に中国船3隻 1日以来、接続水域(12/5|産経ニュース)

Ads by Google

 


 

新型の「海警2501」についてはこれまでに書いているので、「海警2506」について。

 

「海警2506」は、もと農業部漁業局の漁業監視船「漁政206」。その前が中国海軍の海洋調査船なので、「軍艦が来た!」と叫ぶネットのコメントも見かけるが、もとは国土資源部の遠洋測量船「海洋18号」。

「海洋18号」→「871 李四光号」→「漁政206」→「海警2506」と、所属組織と名前を変えている。中国の大型調査船ではよくあること。

 

5000トン級「海洋18号」は、中国がはじめて自主設計建造した5000トン級の636型海洋測量船で、中船重工(CSIC)708研究所が設計、安徽省の芜湖造船厂(現在は、芜湖新联造船有限公司)が建造した。
全長129.82m、全幅17m。排水量5,872トン。巡航速度15ノット(最大18ノット)。航続距離15000海里。連続航行日数60日。

主な任務は海洋調査で、重力、水深、海底の地形測量、潮位、水質調査、気象観測など多岐にわたっている。特に音響探査能力に影響しないよう、エンジンの震動と音を抑える設計が行われた。

 

中国人民解放軍海軍に移管され「871 李四光号」となる。1998年8月に就役。

20151205114007

(via. 百度百科

「871 李四光号」は、南シナ海だけでなく、太平洋やインド洋、大西洋の測量・調査も行い、2011年までの累積の測量航行距離は54.7万海里に及ぶ。

2002年7月に、南シナ海のスプラトリー諸島ジェームス礁(南沙諸島・曾母暗沙)の1:500海図を作成。
2004年8月には西太平洋で水深6,314mの深海底の地質サンプルの採取を行い、当時の新記録を達成している。

 

ちなみに中国海軍では、艦艇の名前には地名が使われているが、4隻にだけ(2012年時点)人名が使われている。「871 李四光号」はその1隻で、著名な地質学者の李四光から付けられた。退役後、船名は、2014年10月に就役した総合試験艦「894 李四光号」に受け継がれた。(ほか3隻は、訓練艦「81 郑和号」、国防動員艦「82 世昌号」、空母訓練支援艦「88 徐霞客」。) 

 

 

「871 李四光号」は2012年12月に退役し農業部漁業局へと移管、東シナ海を管轄する中国漁政東海総隊に所属する漁業監視船「渔政206」となった。

 20151205114008

(via. 百度百科)(管理人注:元写真が暗かったので、明るさとコントラストを調整しました。)

 

漁政局によると、漁政船(漁業監視船など)は数が少なく、トン数も小さく性能不足だった。「漁政206」は、2012年当時の中国最大の漁業監視船となった。
就役する時の報道では、トン数を元に「5800トン級」とわざわざ大きい数字を使ってアピールしている。日本の海上保安庁の巡視船「しきしま」とも比較されている。 

トン数とともに、長期間の遠洋航海が可能なことと、ヘリポートがある点も重要だったのだろう。

 

2013年7月、海監、辺防海警、漁政、海関の人員、船舶・航空機を統合再編して国家海洋局に組織し、中国海警局が正式発足(*1)したことで、「海警2506」と改名された。

2015年1月にかけて大規模な改修工事を行い、船首にバウスラスター、到達距離150mの高圧放水銃を新たに装備し、発電機や操船システムも改装されるなど、法執行能力が強化されている。
その他、海警船の定番の法執行装備も付けられているだろう。

 

f:id:pelicanmemo:20150218200053j:plain

中华人民共和国渔业船舶检验局

 

 

(*1)中国海監(洋環境視観測船隊)、辺防海警(公安部辺防海警部隊)、漁政(農業部漁業局)、海関(税関総署・海上密輸取締警察)の人員、船舶や航空機と職責を統合し、新たに国家海洋局を組織し、国土資源部の管理下に置いた。国家海洋局は公安部の業務指導を受け、中国海警局の名義で海上の権益保全と法執行活動を行う。

李四光号海洋测量船_- 百度百科
871李四光号测量船(退役) - 海军360
情報収集艦/測量艦/調査船(中国) - 日本周辺国の軍事兵器

我国首艘中远海测量船李四光船退出现役- 海军360
我国最大渔政船入列 将赴东海护渔维权 - 新华网
海軍配属 中国最大の漁業監視船「漁政206」が就役 - 中国網日本語

上海渔业船舶检验局完成“中国海警2506”改装检验工作 - 上海渔业船舶检验局

中国海军新一代“李四光”综合试验舰正式入列 - 环球网
894 李四光号试验舰 - 海军360

 

海上保安ダイアリー 平成28年版

海上保安ダイアリー 平成28年版