読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

ニッチで何となく深読み系。|メモノメモ新館| 海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

中国の有人深海潜水艇、海洋関連ツイートまとめ(2016年8月)

中国 科学・技術 深海

20160904172520YouTube

中国の、水深1万メートル級有人深海潜水艇・ 科学技術調査開発研究の「彩虹魚」計画の、科学調査母船「張謇」号、パプアニューギニア沖で調査活動。

国産4500m級有人深海潜水艇の母船「探索一号」、マリアナ海溝の海域での成果が中国科学院から発表されました。

その他。

(見かけたものだけ。ニュースを網羅しているわけではありません。)

 

前記事:

中国の有人深海潜水艇、海洋関連ツイートまとめ(2016年6月〜7月)(1/2) 蛟竜号、国産4500m級有人深海潜水艇 - pelicanmemo
深海潜水艇、海洋関連ツイートまとめ(2016年6月〜7月)(2/2) 1万m級"超深海"潜水艇「彩虹魚」計画など - pelicanmemo

 

深海 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo

 

Ads by Google

 


・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 

まず、

文部科学省「次世代深海探査システム委員会」の第5回配布資料が公開されました。 

次世代深海探査システム委員会:文部科学省

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 

一方、中国のフルデプス、1万メートル級有人深海潜水艇の関連、

科学調査母船「張謇」号の、パプアニューギニア沖での潜航調査その他の活動が行われています。 

出港時の記事。

中国、1万m級"超深海"潜水探査計画 科学調査母船「張謇」初航海 "一帯一路" 海上シルクロードへ - pelicanmemo(7/18)

 

「海底着陸装置(“彩虹鱼”万米级着陆器)」は、クレーンで吊るして降ろして設置します。

深海底での18時間の定点観測で、複数時の採水と生物サンプルの採集など科学調査を行い、浮上してきたところを無事に回収したそうです。

科学发展 - 张謇号首航携万米级深海着陆器 将探索八千米新不列颠海沟 - YouTube

 

上海海洋大学海洋科学学院の許強華(许强华)副教授。

 

 

水深1万メートル級有人深海潜水艇・科学技術調査開発研究の「彩虹魚」計画は、主に民間の資金でやっているので、予算の足しになることは積極的にやっています。

20160904172519

YouTube

米国の ディープ・フライト(Deep Flight)社の「DRAGON」潜水艇による、海中観光活動も行われていました。
(前回触れた、北京や上海から参加した"深海愛好者"向けの海中ツーリズムでしょう。)

世界首台水下飞行器亮相张謇号首航 记者亲身体验水下飞行 - YouTube 

 

DeepFlight社のFacebookページにも、船上での写真が掲載されています。
DeepFlight - タイムライン | Facebook(8月30日)

DeepFlight社の公式サイト。

Dragon - DeepFlight - Advanced Personal Submarines and Undersea Technology

 

新華社の "よく分かっている"記者さんが同行しているので、良い記事が多いのです。読んでいて楽しい。

专访:打造专业的海上调查试验队——访“彩虹鱼”团队高级工程师吴学文-新华网

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜  

一方、マリアナ海溝の海域、

中国、国産の4500m級有人深海潜水艇の母船「探索一号」、大規模改修が終了 中国科学院に交付 - pelicanmemo

一方、マリアナ海溝の海域で、水深1万メートル級の深海科学調査・技術開発評価を行っていた、中国科学院の科学調査母船「探索一号」。中科院が成果を公開しました。こちらは国家級の組織の活動なので、任務中の発表はほとんどありません。

科学調査母船「探索一号」は、中国の国産4500m級有人深海潜水艇の母船となる予定です。

最新动态----“探索一号”万米深潜科考 - 中国科学院

中国科学院の「探索一号」特設ページ
“探索一号”万米深潜科考----中国科学院

“探索一号”发布万米深渊科考成果_图片频道_新华网
中国首次万米深海科考细节曝光:获100升万米水样(图)_图片频道__中国青年网 

我国首次获得万米海底样品-新华网

このネタ1つで、記事1〜2本書けそうな内容だけど、忙しくてツイートするだけでした。

中国では、政府組織(今回は中国科学院)から科学技術の成果発表があると、成果のアピールのために転載記事が山ほど出てきます。メディア独自の解説記事を探すのがちょっと大変だったりします。😓 

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 

・その他、

 

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

おまけ 

 技術力をアピールするために、よく使われる手なんだけど・・・
「古尊·蛟龙5000随蛟龙号舱外测试架下海检测(「蛟龙5000」モデルを蛟竜号の船外の分析装置に取り付けて水深を計測)」
と、ちょっとずるい書き方をしています。
腕時計をくくり付けたのは「蛟竜」号ではなく、「向陽紅09」から降ろした採水器だそうです。

古尊表蛟龙5000米潜水表通过实验室与深海实地双重检测-钟表文化 - 广东省钟表行业协会

 

時計メーカー「古尊(GOLGEN)」は、公式に提携しています。

20150705085419

 

深海 カテゴリーの記事一覧 - pelicanmemo 

体感! 海底凸凹地図 (ビジュアルはてなマップ)

体感! 海底凸凹地図 (ビジュアルはてなマップ)