pelicanmemo

海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

台湾の大規模な停電(2017/08/15)は原発を止めたせい? ← 間違いです。

8月15日午後、台湾で広範囲におよぶ停電が発生しました。

この停電について、ツイッターやSNS、日本語ネットでは、台湾が原発を止めたから電力不足で大規模停電が起きた、というような間違ったコメントを見かけます。
猛暑での電力需要の増加や火力発電所の"ちょっとしたトラブル"でも、ブラックアウトが起きるようになってしまった、とイメージしているのでしょうか? とんでもない。

台湾電力の、8月15日の、電源別の電力需要と推移を見てみましょう。

 

まず、停電直前の16時40分。(停電は16時51分に発生)

停電前後の部分を赤枠で囲っています。天然ガス(LNG)火力発電(濃緑色)が急激に減っていることが分かります。約420万キロワット、全電力供給の約12%が減りました。

20170816060858

次に停電直後の17時10分。

原子力発電の方は、停電直前(16時40分)が284.3万キロワット(上図)、停電直後(17時10分)が284.2万キロワット(下図)で、まったく変わっていません。
(単位の「萬瓩」は「万キロワット」。)

 20170816054230

今日用電曲線圖-依能源類別 - 台灣電力股份有限公司

 

台湾での原発全廃は、現在運用している原発を2018年から2025年までに順次停止させるものなので、今回の停電とは関係ありません。

台湾では、完成した原発3カ所の原子炉6基(2基は停止、1基は点検中)が18年から25年までに順次40年の運転期間が終わる。日本企業が原子炉などを輸出し「日の丸原発」とも呼ばれた第4原発は14年に建設が凍結されている。蔡政権は運転延長や新規稼働を認めず、脱原発を達成する狙いだ。

台湾:「脱原発法」成立 「25年までに全て停止」 - 毎日新聞

Ads by Google

 


続きを読む

はてなカウンター、サービス終了 | はてなブログ

20170810063421

はてなブログの、「はてなカウンター」サービスが終了しました。

これまでは「アクセス解析」ページが最低(最低以下?)の機能でも、「はてなカウンター」があったから気になりませんでしたが、そのサービスが終了したのなら「アクセス解析」の方の機能を高めてほしいものです。

記事ページごとの閲覧数も分からなくなってしまった。

昨日や数日前、先週書いた記事が、どのくらい閲覧されているか(されていないか😅)くらい知りたいのですが・・・

モチベーション下落。 

 

はてなからのお知らせには、

リリースから13年以上が経過し、現在ではより機能が豊富なGoogle Analyticsなどが無料で利用できることもあり、一定の役割を終えたものと判断いたしました。

とも書かれています。機能豊富でも分かりにくくて使いにくいGoogle Analyticsより、機能が絞られていても分かりやすい簡単カウンターの方がうれしい。完全に無くすのではなく、サービス縮小の方向で変えてほしかった。

「はてなブログ Pro」が、ろくなアクセス解析が無い、魅力がへった有料ブログのまま続くのなら、他サイトへの乗り換えも検討すべきかもしれません。

はてなカウンター サービス終了のお知らせ

はてなカウンターを2017年8月7日に終了します - はてなカウンター日記 - 機能変更、お知らせなど

 

フィリピン沿岸警備隊、海上保安庁との合同訓練【公式動画】(2017年6月、ミンダナオ島ダバオ市)

日本テレビの番組『真相報道 バンキシャ!』が8月13日に放送した、今年6月のフィリピン沿岸警備隊 (PCG)と、日本の海上保安庁 (JCG)との合同訓練の様子が話題のようだ。ツイッターで調べてみると、PCG隊員に「緊張感が無い」などいろいろなコメントを見かける(管理人は未視聴)

国民性や、南部の地域性はあるだろう。
この訓練は、海上保安庁とフィリピン沿岸警備隊との12回目の海上法令執行(MARLEN(Maritime Law Enforcement))訓練だが、もしかしたら、ミンダナオ島のダバオ市(ドゥテルテ大統領の出身地)では、合同訓練は初めて行われたのではないだろうか?
(参加した「BRP Capones (MRRV-4404)(カポネス)」は、ミンダナオ島南部からインドネシアにかけての、武装勢力による海賊行為が頻繁に発生している海域に配備された。)
楽しい方向でテンションが高かった?😀

とはいえ、フィリピン沿岸警備隊というと、2013年の台湾漁船への銃撃事件とかいろいろあってあまり良い印象がない・・・。「巡視船と装備を供与しました」だけでは片手落ちで、海上保安人材育成や包括的実務能力向上プロジェクトなども重要だ。

 

閑話休題、

フィリピン沿岸警備隊のYouTube公式チャンネルが動画(4分割)を公開していた。

 

その4:PCG-JCG 合同訓練(現場視点)(動画6分22秒)

12th PCG-JCG-JICA-ReCAAP ISC Maritime Law Enforcement Exercise - Part 4 - YouTube

 

Ads by Google

 


続きを読む

フィリピン沿岸警備隊、巡視船「BRP Suluan (4406)」配備 日本から供与された5隻目

20170808201516(Twitter - PCG)

8月7日、日本が供与した40m級多目的対応船(Parola級巡視船)の5番船「BRP Suluan (MRRV-4406)(スルアン)」がマニラに到着し、フィリピン沿岸警備隊に配備された。

"Porola"はタガログ語の"灯台"で、10隻にはフィリピンの歴史的な灯台の名前がつけられている。「BRP Suluan (4406)」は、フィリピン中部の太平洋側、西サマール州のスルアン島にある1909年に建てられた灯台から名付けられた。

昨年10月12日に1番船「BRP Tubbataha (MRRV-4401)(トゥバタハ)」が引き渡されてから10ヶ月ほどで、半分が引き渡され運用されている。残り5隻も順次、建造がすすめられている。

1番船:「BRP Tubbataha (MRRV-4401)(トゥバタハ)」
2番船:「BRP Malabrigo (MRRV-4402)(マラブリゴ)」
3番船:「BRP Malapascua (MRRV-4403)(マラパスクア)」
4番船:「BRP Capones (MRRV-4404)(カポネス)」
5番船:「BRP Suluan (MRRV-4406)(スルアン)」

6番船(公試中)は「BRP Sindangan (MRRV-4407)(シンダンガン)」らしい。 

4405」、どこ行った? 😄❓

 

 

Ads by Google

 


続きを読む

【中国海警局】 九州南部、鹿児島県沖の領海をはじめて航行 海警1304、海警2506 | 6か国合同の漁業取締り活動に参加?

20170810221448
(NHKより)

8月10日午前、中国海警局の公船2隻が、鹿児島県沖で日本の領海を航行した。鹿児島沖の領海内を航行したのは初めてだそうだ。
海上保安庁 第10管区海上保安本部(鹿児島)によると、2隻は「海警1304」「海警2506」。

鹿児島県南大隅町の佐多岬沖で10日、中国海警局の「海警」2隻が日本の領海に侵入し、約5時間半航行した。第10管区海上保安本部(鹿児島市)によると、同海域で海警の侵入を確認したのは初めて。

鹿児島・佐多岬沖で領海侵入=中国海警、初確認-海保:時事ドットコム

「海警1304」「海警2506」の2隻は、7月15日に九州北部で対馬と沖ノ島の領海内を航行し、7月17日に津軽海峡と周辺でも領海内を航行した2隻。

今回のNHKの報道や、津軽海峡を航行した時の産経新聞の記事によると、中国海警局の2隻は、北太平洋で行われた「日本を含む6か国合同」の漁業取り締まり活動に参加したと伝えられている。これについて少し。

 

中国公船が領海侵入=九州北部海域で初-対馬、沖ノ島沖:時事ドットコム (2017/07/16-00:29)
中国公船、津軽海峡で領海侵入=周辺海域で初:時事ドットコム (2017/07/17-22:13)

【中国海警局】 九州北部、対馬沖や沖ノ島沖の領海をはじめて航行 海警1304、海警2506 - pelicanmemo (2017-07-16)

 

Ads by Google

 


続きを読む