読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pelicanmemo

ニッチで何となく深読み系。|メモノメモ新館| 海外の話が多め。近頃は中国が多め(中国海警局・中国海監、深海潜水艇、感染症など)。

【H7N9鳥インフル】1月中旬から今月にかけて、新たな感染者が304人 - WHO発表

感染症 H7N9鳥インフル 中国

20170221193737
厚生労働省)(H29.2.20作成)

中国で、感染者が増えているH7N9鳥インフルエンザ。今シーズンは12月以降に急激に感染者が増え、12月に106人(うち死亡20人)、2017年1月に192人(うち死亡76人)となった。

日本の厚生労働省の2月20日の発表によると、2013年からの中国(香港・マカオを含む)の累計の感染者は1215人。外国での、中国からの輸入例は、台湾4人、マレーシア1人、カナダ2人(管理人注:台湾は今年1例増えたので5例ではないだろうか?)

 

世界保健機関(WHO)は、中国国家衛生・計画育成委員会(国家衛計委、NHFPC)から、1月中旬から2月半ばにかけて、A/H7N9鳥インフルエンザ(以下、H7N9鳥インフル、H7N9鳥フル)の新たな感染者が304人が報告されたと発表した。 

WHO=世界保健機関は、中国で、先月中旬から今月にかけてH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染した人が新たに304人報告されたと発表し、生きた鳥を扱う市場などにできるだけ近づかないことや、手洗いなどの対策を徹底するよう呼びかけています。

中国 H7N9型鳥インフル 新たに304人感染 | NHKニュース

いきなり300人を越える人数が出てきたので驚かれたかもしれない。だが、ちょっと待ってほしい。

感染者が昨年12月今年1月と急増しているので充分な注意と対策は必要だが、いきなり300人も極端に増えたわけではない。これについて少し。

 

Ads by Google

 


続きを読む

【中国海警局】「海警31240」 3隻目のもと中国海軍フリゲート 機関砲を装備|上海総隊機動支隊所属

中国 中国海警局

20170207063211(浩汉防务-微博)

2月6日、中国海警局の公船3隻が、尖閣諸島の日本の領海に進入し航行した。3隻は、3000㌧級の「海警2305」「2306」、もと海軍のフリゲート「海警31240」。

もと中国海軍の軍艦で、退役後に移管された3隻の江衛I型ミサイル・フリゲートの、3隻目が新たに尖閣沖で確認された。

中国海警局船3隻 尖閣沖の日本の領海に一時侵入 | NHKニュース
中国公船が領海侵入=今年4回目-沖縄・尖閣沖:時事ドットコム
中国海警舰船编队2月6日在我钓鱼岛领海巡航 - 国家海洋局

 

Ads by Google

 


続きを読む

【H7N9鳥インフル】1月の感染者は12月より倍増か? | 感染者数1000人を超える

感染症 H7N9鳥インフル 中国

20170118055500

(2016年12月までの感染者数のグラフ)

昨年11月から、世界各地で鳥インフルエンザの感染拡大が発表されている。

欧州から中東、インドなどでのH5N8型。

日本や韓国、北朝鮮でのH5N6型。日本は養鶏場への感染拡大を抑え込めているが、隣の韓国ではウイルスの封じ込めに失敗し、殺処分3000万羽以上という過去に例のない大きな被害となっている。北朝鮮でも養鶏場での感染拡大があったため、金正恩と家族、高級幹部向けの専用農場で防疫の強化が行われたと韓国メディアが報道した。

中国ではH7N9型の感染者が、先月の12月から急激に増加している。この1月は、昨年12月の2倍の感染者となるかもしれない。

 

世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン(Dr. Margaret Chan)事務局長は1月23日の執行理事会で、世界各国に対して警戒を強く要請した。 

鳥インフルエンザ(以下、「鳥インフル」「鳥フル」)は、昨年11月以降、世界の40ヶ国の農場でアウトブレイクを起こしている。H5N6鳥インフルのウイルスでは4種類の遺伝子の交換が行われており、2009-2010年の新型インフルエンザの流行の次のパンデミックのための準備が整ってきていると述べた。H7N9鳥インフルのヒトへの感染は、中国での、2013年の初めてのヒトへの感染確認から、累積感染者が1000人を超え、致死率38.5%だ。

チャン事務局長は、
初期の兆候を見逃すことは許されない(We cannot afford to miss the early signals.)
と述べ、法的に拘束力のある世界保健規則をもとにして、194の加盟国に対して警戒と報告を強く要請した。 

鳥インフルエンザ約40か国で新たに報告 WHOが警戒呼びかけ | NHK(2017/1/24)

World must not miss early signals of any flu pandemic: WHO | Reuters 

Address to the Executive Board at its 140th session | WHO

 

在上海日本国総領事館からの鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例発生に関する注意喚起(家禽との直接接触にはご注意ください) - 在上海日本国総領事館(2017/1/26)

鳥インフルエンザA(H7N9)について |厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000149689.pdf(H29.1.26作成)

Ads by Google

 


続きを読む

Google翻訳の「リアルタイム翻訳」を試してみた カメラで写した画像にそのまま翻訳結果が表示

日記・雑感

20170127122413 20170127061909 (Twitterより)

Google翻訳アプリの、カメラで写した画像にそのまま翻訳結果が表示される「リアルタイム翻訳」が面白いと話題です。

冒頭の画像(ツイッターの画像の英語画像を撮影し、独自に翻訳してみた)は、「イギリス料理、凶悪な料理!?」と、イギリス料理の評価・ジョークでの鉄板ネタですし、ウィットに富んでいて面白い例と感じたので使わせてもらいました。(出版社や著者は気にするかもしれませんが、外国の書籍で国内出版物でないようので、例として取り上げさせてもらいました。他意はありません。)

Google翻訳の「リアルタイム翻訳」がおもしろ過ぎて試す人続出「電脳をハックされてる感じがたまらない」【画像まとめ】 - Togetterまとめ

 

ただ、企業やブランドのロゴを弄っているツイート画像もけっこうあり、ちょっと心配です。

実際に、iOSのアプリ "Google翻訳"の「リアルタイム翻訳」を試してみたところ、ツイッターやSNSで面白おかしくとりあげられている単語が、固定して表示されるわけでなく、様々な訳語が入れ替わって表示されます。

投稿者が面白いと感じた単語が出た瞬間にポーズを押して撮影したか、動画から静止画像を切り抜いて、面白ネタとして拡散しているのでしょう。

カメラにうつる範囲や角度を変えると、ちゃんとした翻訳結果が出てくる場合もあります。

 

Ads by Google

 


続きを読む

【動画】安倍総理がフィリピンにミサイル供与を提案?ドゥテルテ大統領が断った? 演説のオリジナル動画を見てみた

国際

フィリピン、オーストラリア、インドネシアとベトナムを歴訪している安倍総理大臣。最初の訪問国のフィリピンを訪れた時に、「ミサイルを供与することを提案した」「ドゥテルテ大統領が断った」というネタが話題です。

誤報または煽り記事でしょう。

 

フィリピンでも他のメディアがどこも報じていないので、眉に唾つけて関連報道を待ちながら、ドゥテルテ大統領のダバオでのその発言の演説のオリジナル動画を見たり、全文テキストを探していたところ、16日昼に、朝日新聞が報じました。

 しかしドゥテルテ氏は、日本からミサイル供与を提案されたとは言っておらず、一連の発言が曲解されて報じられたとみられる。

 一方、その前段でドゥテルテ氏は、「安倍氏には軍事同盟は必要ではないと言った。私は外国の軍人がいない国を目指したい」とも述べた。

安倍首相にミサイル断る? 比大統領「発言」報道で波紋:朝日新聞デジタル

このネタについて、どのように曲解されたか別角度から少し。

 

Ads by Google

 


続きを読む